ワン・ワールドトレードセンター

New YorkSuite 8500
285 Fulton Street

ワン・ワールドトレードセンターについて

地上約541mにそびえ立つワン・ワールドトレードセンターは、米国で最も高いビルであり、忘れることのない歴史的な建物です。 スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリルのデイヴィッド・チャイルズによって設計されたビルは、オフィススペースや展望台、レストランを含む約300万平方フィートの広さがあります。もともとはシルバースタインによって開発されたビルで、その後2006年4月にニューヨーク・ニュージャージー港湾公社に引き継がれており、2014年オープンの予定です。104階建てのビルは、立派なロビーエリアと素晴らしい眺望が望める展望台が特色となります。現在コンデナスト、バントンチャイナセンター、米国総務局がビル全体の55%程度の賃貸借を保有しています。環境を持続させる設計は、ワン・ワールドトレードセンター開発の中核を成しており、再生可能なエネルギー、室内の昼光照明、雨水の再利用、そして再生のがれき材木を利用した構造となっています。約55,000平方フィートもある地下のコンコースは、小売店スペースもあり、広域の交通機関にも繋がっています。

airport.png
空港

ジョン・F・ケネディ国際空港より37分、ラガーディア空港より23分

train.png
地下鉄

11の地下鉄線 A, C, E, R, J, Z そして 1-5に繋がるWTCハブ接続へのアクセス有

bus.png
バス/電車

チャーチ、ビージー通り行きM1またはM6
 

 

 

taxi.png
タクシー

グランド・セントラル駅より20-25分