1. ホーム
  2. /
  3. ニュース
  4. /
  5. 2010年
  6. /
  7. Servcorp daringly enters the US market

アメリカ市場へ初進出

2010年3月 | サーブコープ


サーブコープは、アメリカでの初拠点をシカゴのビジネス中心地、ループ地区の西端にある155ノースワッカーにオープン致しました!サーブコープの今後のビジネス展開において、非常に重要な都市となるアメリカで3番目の大都市シカゴは、世界でも26番目の大きさを誇ります。またシカゴは世界的にもビジネスおよびファイナンスの主要都市でもあります。アメリカ市場へのサーブコープの進出は、アメリカチームの新規雇用や投資などを含め、低迷していたアメリカ経済の回復を支援いたします。

155ノースワッカーは、シカゴでも近年建てられた超高層ビルのひとつで、Goettsch PartnersとThe John Buck Companyによってデザイン・開発が行なわれました。サーブコープのある42階からはミシガン湖とシカゴ市内の絶景をお楽しみ頂けます。また、公共交通機関、銀行、金融機関、高級ブティック、ホテル、レストランなどに隣接した絶好の立地です。

アメリカのゼネラルマネージャーJennifer Goodwynは以下の通り、コメントします。「アメリカで初めての拠点となる155ノースワッカーをオープンすることを非常に嬉しく思います。この新しい市場にて、サービスオフィスとバーチャルオフィスを提供する企業としての地位を確立できると自負しております。サーブコープでは、最先端のITコミュニケーションと、ニーズに合わせたオフィス環境をご用意しており、お客様のビジネスを効率よく成長するお手伝いを致します。」

主要なビジネスおよび金融機関に隣接しており、世界的なブランドショップと高級レストランなどが軒を連ねるエリアに位置します。サーブコープ155ノースワッカーは、ノースワッカードライブとランドルフストリートの交差点あり、シカゴ交通局(CTA)、メトラ、地下鉄、バスなどの交通機関にも近く、利便性にも優れています。

155 North Wacker Drive
42nd Floor
Chicago, IL 60606
USA