豪首相、サーブコープ・チャイナの最大級フラッグシップ拠点のオープニングセレモニーに登場 - ニュース・記事 :: レンタルオフィスのサーブコープ [Servcorp]

  • レンタルオフィス 0120 8945 66
  • バーチャルオフィス 0120 8945 77
  • コワーキングスペース 0120 8945 44
  • 貸会議室 0120 8945 88
  • 海外からおかけの方 +81 3 5789 5800

ニュース

サーブコープが発信するニュース、記事、情報を活用して、ビジネスの最先端へ。

豪首相、サーブコープ・チャイナの最大級フラッグシップ拠点のオープニングセレモニーに登場

2014年4月 | サーブコープ

最高品質のサービス付きレンタルオフィスとバーチャルオフィスを世界各国で展開するサーブコープは、4月12日(土)北京のフォーチュン・ファイナンシャルセンター(FFC)に新たな拠点をオープンしました。FFCは北京のビジネス中心街に位置する最高層の商業ビルです。サーブコープが世界中に展開しているオフィススペースの中でも最大規模のフラッグシップ拠点です。

貿易交渉のため北京を訪れていたオーストラリアのトニー・アボット首相がFFC拠点のオープニングセレモニーに出席してくださいました。

1978年創業のサーブコープは、オーストラリア証券取引所(ASX)上場企業として、2012年には同国最大の輸出企業として認定されています。アボット首相による出席は、サーブコープが世界的に高く評価され、また中国企業が求めていた柔軟なオフィスソリューションの提供を実現できたことを意味しています。サーブコープは、アボット首相の出席を記念し、北京オフィスに「シドニー・ボードルーム」を作りました。この役員会議室は同社のルーツであるオーストラリアのシドニーをイメージして作られています。

北京FFCは、サーブコープが世界各国で展開している最高品質のオフィスソリューション同様、業界唯一のグローバルITネットワーク、プロフェッショナルなチーム体制、および柔軟な契約形態を提供しています。北京の主要ビジネス地区の中心に位置するFFCは、環境に優しく利用しやすいように設計されており、最先端の空気清浄システムを備えています。北京の商業施設としては最大のガーデンスペースを持ち、同都市を360度見渡せるこのビルからは、CCTVビルやマンダリン・オリエンタル北京、日壇公園などを展望でき、また周辺には数々の高級ブランドショップ、5つ星ホテル、サービスアパートメント、それにミシュラン掲載のレストランが充実しており、あらゆるビジネスニーズに対応しています。

アルフレッド・モーフォレッジCEOは36年前、従来のオフィス契約にかかる莫大なコストを削減するため、自らのオフィスニーズをクラウドソース化させることによってオフィス業界に革命をもたらしました。そして現在、サーブコープは世界52都市に140以上の拠点を展開しています。世界中の著名なランドマークビルに広がるサーブコープのサービス付きレンタルオフィスとバーチャルオフィスのソリューションは、あらゆる規模の企業に、本来手が届かなかった一等地のビジネス住所、受付サービス、そして世界的に高く評価されたプロフェッショナルなサポートスタッフを提供することを可能とします。

本年は、サーブコープ・チャイナが1999年に中国初となるフラッグシップ拠点を上海に立ち上げてから15周年を迎える年となります。上海、北京、杭州、成都、広州、そして香港に一流の拠点を持つサーブコープは今も拡大しています。アボット首相によるFFC拠点のオープニングセレモニーへの出席は、サーブコープの中国進出が世界的に認められたことを裏付けています。