進化する博多駅パートⅡ~はかた駅前通り~ - ニュース・記事 :: レンタルオフィスのサーブコープ [Servcorp]

  • レンタルオフィス 0120 8945 66
  • バーチャルオフィス 0120 8945 77
  • コワーキングスペース 0120 8945 44
  • 貸会議室 0120 8945 88
  • 海外からおかけの方 +81 3 5789 5800

ニュース

サーブコープが発信するニュース、記事、情報を活用して、ビジネスの最先端へ。

進化する博多駅パートⅡ~はかた駅前通り~

2016年9月 | サーブコープ

2016年6月の記事、「進化する博多駅」では商業施設についてご案内しましたが、今回ははかた駅前通りの再整備についてますます便利に進化する博多駅周辺についてご案内します。

博多駅の博多口から祇園町西交差点までの約800mで、中洲地区やキャナルシティ博多と博多駅を結んでいる、はかた駅前通りの大半が5車線で、これを3車線まで減らし、さらに歩道の幅を2メートル広げる計画が発表されました。

このはかた駅前通りはビジネス街の中心地ということもありオフィスや大型商業施設のキャナルシティ博多などがあり、九州のみならず全国、海外から観光客を集める半面、車の通行量はそれほど多くなく、車線を減らしても渋滞は起きないと市は判断したそうです。一方で、歩道を走る自転車が多いため、自転車専道路を設けるとも発表されています。自転車マナーが悪いと言われる福岡市、改善されればいいのですが・・・。この計画は福岡市営地下鉄七隈線の天神南~博多駅間の延伸区間が開業する2020年までは完成させるもよう。高島宗一郎市長は記者会見で「車、自転車、人を完全に分離したい。歩いて楽しい街を作りたい」と述べていました。

福岡市は「車中心から人が主役への転換」を掲げ、散策しなくなる都心づくりをテーマとし、拡張した歩道に面したビルや企業とも協力してベンチを置いたりオープンカフェを開いたり、快適で賑わいのある空間を創出していくようです。また博多と天神、博多港周辺との回遊性を高めることで「アジアのリーダー都市」を目指しています。

国内初のスタートアップビザを発行するなど、チャレンジし続ける福岡市、この成功モデルを全国に拡げ日本の成長につなげていきます。まずは福岡最大のビジネス地区、博多でビジネスを始めてみませんか?

(2016年7月20日 西日本新聞朝刊より)

福岡NMF博多駅前ビル
〒812-0011
福岡県福岡市博多区博多駅前1-15-20
NMF博多駅前ビル2階
092 419 2300