レンタルオフィス体験レポート by LIG

  • レンタルオフィス 0120 8945 66
  • バーチャルオフィス 0120 8945 77
  • コワーキングスペース 0120 8945 44
  • 貸会議室 0120 8945 88
  • 海外からおかけの方 +81 3 5789 5800


サービス付き
レンタルオフィス

都心・ビジネス一等地で、一流の調度品とIT設備を完備した世界最高品質のオフィス・スイート

今すぐお問合せを!

最適なオフィスソリューションをご提供いたします。

0120 8945 66


ご見学のお申込

レンタルオフィス体験レポート by LIG

LIGブログ「一等地で即オフィス開設!高級感あるのにお得な「サービス付きレンタルオフィス」を体験してきた」より転載

lig-setting-up-an-office

こんにちは、ツベルクリン良平です。

本日はサーブコープジャパンさんが運営する「サービス付きレンタルオフィス」を紹介するため、恵比寿のオフィスにやってきました。

lig-servcorp-reception-ebisu.jpg

サーブコープさんは、グループ全体で現在世界に約150の拠点を構え、日本国内でも22拠点を展開中というオフィス環境のプロバイダーです。受付からすでに高級感が溢れていますね。

場所はなんと恵比寿ガーデンプレイス内。僕が今から恵比寿で、しかもこんな高級オフィスを開設しようとなると何かと大変です。ていうか無理です。

しかし、こちらの「サービス付きレンタルオフィス」なら簡単かつリーズナブルに開設可能とのこと。一体どういう仕組みになっているのでしょうか。

servcorp-rental-office-manager

こちらが、本日案内をしてくれる矢野さん。

yanosan
人物紹介:矢野さん

サーブコープジャパンのマネージャー。恵比寿の拠点と秘書チームを管理している。前職ではタイトスカートでハイエースを乗りこなしていたという才色兼備な人

それでは案内してもらいましょう。

受付から待合スペース

まずは総合受付。受付担当の方は、いきなり“ツベルクリン”とかいう名字の男が来たにもかかわらず、素敵な笑顔で対応してくれました。

本日は生憎の曇り空ですが、天気が良いと富士山も見えるとか。

待ち時間にご覧くださいと、iPadを渡されました。施設の動画を観てほしいとのこと。オフィス開設をサポートするオプションも付いているので、ここで一通りイメージングしておきましょう。

オフィス開設のための手続き

それではいよいよオフィス開設の手続きへ。

事前に予約をしていれば、わずか数分で専用の電話番号が発行され、その日から実際に利用可能に。さらに、電話番号入りの名刺までもらえます。

事前予約のない場合でも、自分の情報をその場でシステム入力していくだけ。安心ですね。

自分でオフィスを借りると電話線の手続きとかマジで面倒なので、ありがたいです。

はい、無事登録が完了しました。
「ツベルクリン」という名前でも、ちゃんと開設ってできるんですね。

プラスαのオフィスメモ

*市内・市外・国際電話の通話料がおトクなだけでなく、一定額まで無料

*電話には、ITヘルプデスクへつながるシステムや転送機能、短縮ダイアル設定などの機能がある

……ていうか、ほんと数分でOKなんですね。たしかに簡単です。

また、「サービス付きレンタルオフィス」では、電話でも受付でも「サーブコープ」の名前が表示されることはありません。借り物ではなく「自分のオフィス」という気持ちで活用できますね。

開設のための手続きがあっさり終わったので、オフィス環境を案内してもらうことにしました。

素晴らしい眺望の窓側オフィス

まずは執務スペースに案内していただきました。

シンプルな構成となっているのですが、オプションで机・椅子などを注文することも可能。一番小さな部屋でも3-4人で活動する分には申し分ない広さです。

今回は特別に窓際の部屋を用意してもらっています。ここもやはり景色がすごい。

閉鎖的なところに比べ、開放感あるオフィスだと仕事のモチベーションも上がりそう。また、さきほど電話も開通したので、パソコン1台で今日からでも仕事を始めることができます。凄まじいスピード感ですね。

ちなみにこちらのエグゼクティブチェア、お値段は8万円くらいだそうです。
牛丼で換算すると267杯分ですね。

プラスαのオフィスメモ

*Tier1の光ファイバー完備。自社チームのモニタリングによりセキュリティ強化。99.9%の稼働率。

*オフィスに1セットの家具がすでに含まれている(エグゼクティブデスク1台、エグゼクティブチェア1脚、来客者用の椅子2脚、3段式キャビネット)

*プリンター、コピー機、スキャナーも完備

キッチン(カフェエリア)

休憩用のキッチンエリアも充実しています。サーブコープの中で最も広く設計されているそうで、お客様同士やスタッフとのコミュニケーションも、よくこちらのエリアでされているとのこと。

コーヒーマシーンも用意されており月額5,000円で飲み放題。アメリカン、エスプレッソ、カプチーノなど、さまざまな飲み方ができるのが嬉しいですね。

コーヒーショップで20日間コーヒーを買い続けることを考えれば、めちゃくちゃ安くないですか? 一応コーヒーを水筒で持ち帰っていいかどうか確認してみたのですが、それはダメだそうです。

会議室

続いて案内してもらったのが、少人数での会議の際に最適な、気軽に利用可能な会議室。椅子は事前に申請すれば、追加も可能だそうです。

自社の社員だけでなく外部の方を招いての会議もOK。自室と同じく、ゆったりした椅子でリラックスできるので、バシバシ良いアイディアが出せそうですね。

ちなみにこの部屋の椅子も1脚約8万円。やはり牛丼267杯分でした。

役員会議室

最後は、こちらの役員会議室。「最終面接」などカッチリした場として用いられるだけでなく、多目的で利用するのも問題ないとのこと。(実際、美魔女ウォーキング講座などにも用いられているそうです)

スマートフォンアプリからもリアルタイムで空き状況が確認でき、10分単位での予約が可能というのも便利ですね。

というわけでいろいろと拝見させていただいのですが、実際の利用を検討するうえでの具体的な話を、シニアマネージャーの安藤さんにお伺いしたいと思います。

人物紹介:安藤さん

シニアマネージャー。サーブコープジャパンの各拠点を統括する偉い人で、矢野さんの最終面接をしたのも安藤さん。見るからに敏腕な雰囲気がすごい。才色兼備。

ー 本日はご案内いただき、誠にありがとうございました。まずは基本的な質問ですが、貴社が提供する「サービス付きレンタルオフィス」は、普通の賃貸オフィスとどう違うのでしょうか?

いわゆる一般の賃貸オフィスは開設するまでの準備や日常のオペレーションも自分でこなさなければならず、結局は多額のコストがかかってしまいます。 机や家具といった備品、電話やインターネット回線も自分で購入したり手配したりしなければなりません。

その点、弊社の「サービス付きレンタルオフィス」はビジネスに必要な全てがあらかじめ備えられており、すぐに使えることで時間的なコストを節約できるだけでなく、受付や秘書、ITなどさまざまな業務サポートを提供していますので、利便性が高いと思います。

また、ご自身の契約しているオフィスとは別に、サーブコープの世界52都市・150拠点のオフィスを月に5日間まで無料でご利用いただくことが可能です。出張時のオフィスや来客対応などに活用いただいております。

ー どんな人が利用されているんですか?

やはり、起業されたばかりの方や、これから起業を予定している方が多いですね。もちろん、すでに事業を運営しつつ新しいオフィスを探している、という方もいらっしゃいます。

その他、営業拠点、短期プロジェクトの拠点、あるいは日本国内に進出するために支店を作りたい海外の企業様など。大企業はもちろん、中小企業のオーナーや士業を営まれている方も、内資・外資の区別なくご契約いただいてます。

ー でも、起業したい人や起業したての人が借りるのは、ハードルが高いのでは?

一等地住所での法人登記ができる点も、大きな魅力ではないでしょうか。

ー 電話番号が即時発番されたり、すぐに仕事が始められそうですよね。

はい。一般の賃貸オフィスの場合、インターネットの開設や電話の開通など面倒な作業も多いですよね。でも、こちらは高速インターネット回線や電話ネットワークが完備されており、パソコン1台あればすぐ仕事が始められる環境となっています。

ー 契約期間や1区画あたりの規模ってどうなんですか?

柔軟な契約形態をご用意していますので、最短1ヶ月~という短期間での契約も可能です。規模も、ご希望に応じ1-10人用のオフィスまで対応OKです。

ー どんな年齢層の方が多いのですか?

本当にさまざまですね。20-30代の方をはじめとして、幅広い年代の方にご利用いただいています。

ー 海外の方もいらっしゃいますよね。

専任のバイリンガル秘書によるビジネスサポートや、バイリンガルな受付担当が多言語での電話応対が可能なため、海外の企業様にもご好評いただいているんです。
その他、最低10分からのプレゼンサポート、通訳や翻訳、営業コールなど、どんな業務も対応可能なんですよ。

ー 僕、金にうるさいんですけど、結局ここ使うとお得なんですか?

そうですねぇ。一般の賃貸オフィスと比較して60%のコスト削減が期待できるのではないでしょうか。

まず、初期費用などの「目に見える」コストだけでなく、オフィス開設後の固定費、諸手続きやトラブルにかかる「機会コスト(時間)」が削減されることで、「目に見えない」コストを抑えることができます。

あわせて、秘書・受付などにかかる社員固定人件費も、アウトソースによって抑えられるのも大きいですね。

ー でも、保証料とか設備費用とかで、結局割高になるんじゃないですか?

いえ、保証金は賃料1ヶ月分のみです。また、一般の賃貸オフィスでは家具や調度品、インターネット環境、スタッフのコスト、オペレーションコストをすべて負担する必要がありますが、その辺りも料金に含まれています。

ー ちなみに、この椅子って牛丼何杯分なんですか?

約700杯ですね。

ー なるほど。

ー 安藤さん、矢野さん。本日はありがとうございました!

というわけでサービス内容を簡単にまとめると、以下のようになります。

  • 主要都市など、一等地にオフィスを構えたい方にもってこい
  • オフィス開設するためのコスト(金銭だけでなく、時間的なコストも含む)を大幅に圧縮。通常の賃貸に比べ、最大で60%のコストダウン
  • 企業運営するための環境が揃っており、パソコン一台で開業できる。また、開業後のサポートも充実している

僕も以前、複数名で起業したことがあるのですが、会社の登記だけでなく電話線の開通とかネット環境の整備とかマジで面倒で困っていました(当時の社長が)。

その点、サーブコープジャパンさんの「サービス付きレンタルオフィス」であれば、諸々の煩雑な作業もお願いできるので、すぐに業務に集中できそうです。起業・移転・出店問わず、スピード感はビジネスにおいて本当に大切ですからね。

ー いま開設資金ないのですが、今度椅子だけ座りに来てもいいですか?

ダメです。

ー ダメみたいです。