サーブコープブログ知識・ノウハウ来年度の目標、どう計画を立てますか?

来年度の目標、どう計画を立てますか?

for-s-financial_resized目的や目標を持つことは、ビジネスにおいて最も重要な局面のひとつです。これらを持つことによってビジネスに集中的に取り組みながら確実に財政上の目標を達成することができ、会社を戦略的に成長させていくひとつの要素となるのです。

今年に入ってから半年が経とうとしている今、あなたの会社は何を達成しましたか?目標を立てる一番良い方法は、過去半年目標達成のために何をしてきたかを良く知り、それまでのプロセスをどう改善し、どう成長戦略を達成していくのか、進めていくことができるのかを考察することです。さらに、それぞれの目標を達成するまでに要した時間から、もしも従業員を増やしていたらより短時間により大きな利益を得られたかどうかも評価します。

来年度の目標に向けて計画を立てているのであれば、市場という観点から自分の会社がどのような影響を受ける可能性があるのかを明確にしておきましょう。業界に市場価格の大幅な変動などが見込まれれば、これはビジネスの戦略や方向性に非常に大きく影響します。常にこれらの変化をきちんと把握し続けるように心がけることが大切です。競合他社にも常に目を向け、彼らが今後の業界内の変化をどのように予測しているのかもチェックします。

また、他の市場についてもできるだけ知識の範囲を広めておきましょう。自分の市場だけを把握しておけばいいわけではありません。外部の市場も大きくビジネスの方向性を左右するものです。影響を受けそうな市場の変化にはできるだけ幅広く目を見張り、後れを取らないようにしておきましょう。

来年度に向けた戦略計画を立てることは、それからの長期間に渡りビジネスの舵を取る上で重要な指標となります。戦略とはビジネス計画とは大きく異なるものです。戦略がなければ、ビジネスの方向性は定まりません。目標とは、自分自身の視点で会社が何を達成すべきかを示すものですので、本来個人的なものですが、次のような内容が含まれることが望ましいといえます。

  • ビジネスの目的
  • 目標達成のためにどう時間をやりくりしていくのか
  • それぞれの目標を達成するための具体的な戦略
  • 与えられた時間を最大限に活かし戦略を実行するための行動計画
  • 監視体制

業務状況を確実に追跡できる情報管理システムを導入することによって、上記すべてを一括して行おうと考える人もいます。また、まず「理想の目標」を掲げ、そこから「どうすればその目標を達成できるか」という部分に遡って仕事を進めることが最善のアプローチだと考える人もいます。しかし、この考え方はリソースを増やしすぎて不利益を生む可能性を含んでいます。現実的かつ楽観的に考え、あなたがすでに持っているものを活かし、さらに拡大できるものを増やしていきましょう。

あわせて読みたい