サーブコープブログサーブコープについて震災後の日本でのビジネス リスク分散をサポート(1) 全国各種メディアにてサーブコープジャパンが紹介されました

震災後の日本でのビジネス リスク分散をサポート(1) 全国各種メディアにてサーブコープジャパンが紹介されました

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の発生直後、サーブコープジャパンの大阪、名古屋、福岡各拠点オフィスへのお問い合わせが急増しました。

その背景は、震災に伴う原発問題、停電、余震などによるビジネスへの影響が懸念されたことです。外資系企業を中心とした、特に東京に本社を置く多くの企業では、短期的および長期的リスクマネージメントの観点から、東京以西・以南におけるオフィススペースへの需要が高まりました。

このような状況は日本のビジネス界にとって異例の事態であり、多くのメディアが企業の「リスク分散」への動向に着目しました。そしてまさにその現場となっているサーブコープでは、テレビ・新聞・雑誌等など多くのメディアから取材を受け、弊社施設やサービスについて、またご入居されたお客様の様子について報道されました。

今回の記事ではまず、サーブコープについてメディアで紹介されたテレビ放送、新聞記事をご紹介したいと思います。企業の間で急激に高まる「リスク分散」のニーズに応え、実際に関西地方で皆様のビジネス継続のサポートに携わる小川紅葉シニアマネージャーがインタビューに答えています。

テレビ放送

テレビ大阪 ニュースBIZ 2011年4月13日
「東京一極集中に変化あり」

NHK大阪 ニューステラス関西 2011年4月19日
「関西の経済 震災の影響は」

毎日放送 ボイス 2011年4月20日
「震災の影響 企業オフィス 首都圏から西日本へ」

テレビ朝日 サンデーフロントライン 2011年4月24日
「東京脱出!? 西日本へ“震災”でオフィス移転」

NHK World NEWSLINE 2011年4月25日
Diversifying Risk

福岡放送 NEWS5ちゃん 2011年5月18日
「レンタルオフィス 満室のエリアも」

新聞記事

Bloomberg.co.jp 2011年3月30日
「東京一極集中に風穴、企業拠点の大阪分散も-電力・原発ショック」

日本経済新聞 2011年4月6日
「関西の賃貸オフィス 『移転需要』伸びる―外資系中心 短期利用へ条件緩和も」

Bloomberg.co.jp 2011年4月7日
「3月都心オフィス空室率9.19%、大阪12.4%-過去最悪を更新」

朝日新聞 2011年4月13日
「貸しオフィス『疎開』企業殺到」

(オンライン版: Asahi.com)
「大阪のレンタルオフィス「満室」 首都圏から移転需要」

西日本新聞 2011年4月19日
「本社機能 進む福岡移転 ケンコーコムや外資系企業―震災影響 リスク分散 レンタルオフィスも急増」

産経新聞大阪版 2011年4月23日
「外資の関西移転 容易に―オフィス賃貸期間 条件緩和」

(オンライン版: MSN産経ニュース
「首都圏の外資系企業 関西への移転止まらず」)

China Daily Asia Weekly 2011年5月6日
Firms may shun Tokyo for a while yet

大阪日日新聞  2011年6月号(6月4日~6月17日)
「進む企業の『脱・東京』―レンタルオフィスに異変」

中日新聞  2011年7月20日
「貸しオフィス人気再び―名古屋 東京からの避難特需後 リスク分散へ予備拠点」

雑誌記事

日経ビジネス 2011年5月9日
「『脱・東京』への号砲」

BUAISO 2011年5月16日
「東日本大震災がもたらすオフィス市場への影響」

以上、大変長くなりましたが、今回はサーブコープについて各メディアで報道された内容をご紹介しました。次回の記事では、サーブコープのサービスオフィス・バーチャルオフィスを利用して実践できる、具体的なリスクマネジメント計画についてご紹介していきたいと思います。どうぞご期待ください。 (ライター: 平井)

続き記事:「震災後の日本でのビジネス リスク分散をサポート(2) サービスオフィス・バーチャルオフィスを活用した事業継続計画

あわせて読みたい