1. TOP
  2. ビジネストレンド
  3. ブログで稼ぐ仕組み/ブログが今でもビジネスに強い理由とは?

ブログで稼ぐ仕組み/ブログが今でもビジネスに強い理由とは?

Pocket

「ブログ」と呼ばれる「インターネット上の日記」は、すでに一般的な行為になりました。当初はまさに「日記」として、個人が趣味や興味のある内容について書き込まれたブログが多かったものの、近年では「稼ぐ」ことを目的にビジネスとして運営されるブログも少なくありません。今回は、「ブログを使って稼ぐ仕組み」、そして「ブログが今でもビジネスに強い理由」をご紹介しましょう。

ブログで稼ぐ3つの仕組み

ブログを使って稼ぐ場合、主に以下の3つの方法があります。

1.ブログライター

ブログライターとは、企業からの依頼を受けて記事を書き、その対価として報酬をもらう稼ぎ方のことです。制作する記事は、商品やサービスのレビューなど。企業にとってはブログ記事を利用して自社商品・サービスの宣伝を行うことができるというわけです。

ブログライターのメリットは、自分のブログに記事を書くことでお金を稼ぐことができ、文章の高度なクオリティが求められることは少ないため、敷居が低いという点でしょう。逆に1件あたりの報酬単価は安い場合が多く、ある程度の数量をこなさないと「お小遣い稼ぎ」にしかならないのがデメリットといえます。

2.Googleアドセンス

Googleアドセンスとは、検索エンジンで有名なGoogleが提供する「クリック型広告」のことです。ブログの一部にGoogleアドセンスの広告枠を設置し、読者の中にそれをクリックしてくれる人がいれば、報酬を得ることができます。

Googleアドセンスは、設置したサイトの内容にマッチした広告を自動的に表示してくれるので、いちいち広告を選ぶ手間がかかりません。また、クリック数に比例して報酬額も増えていくので、アクセス数を増やせばより効率的に稼ぐことができるようになります。ただし、サイト審査が厳しいため、ブログを始めたばかりの方にとっては敷居が高いかもしれません。

3.アフィリエイト

アフィリエイトとは、企業が提供する商品・サービス広告をブログ内に貼り、その広告経由でモノが売れた場合に報酬を受け取ることができる仕組みのことです。

高いモノを売ればその分得られる利益も大きいので、やり方によってはブログライターやGoogleアドセンスよりも大きな金額を稼ぐことができます。しかし、商品・サービスの効果を過大に宣伝してしまうと、ブログが「炎上」してしまう原因にもなりかねないので、言葉の表現には細心の注意が必要です。

「ブログで稼ぐ仕組み」のまとめ

今回ご紹介した3つの方法は、すでに一般化しておりさまざまなブロガーが取り組んでいます。他のブロガーとの競争に勝つためには、常に世間の動向を気にしたり、ブログに載せる情報を洗練させていかなければなりません。しかし、中には副業から始めて本業とするブロガーもおり、成功へのチャンスは十分にあるといえるでしょう。

ブログが今でもビジネスに強い理由

個人としてだけでなく、企業としてブログを立ち上げる、ブロガーとして起業するといったように、ブログをビジネスに活用することもできます。その場合、次のようなブログの活用方法が考えられます。

1.マーケティングやブランディング

新商品など、認知度の低い商品のマーケットを拡大するために、ブログを使って情報発信するのも有効です。また、「企業PRのためのブログ」を作り、社員の人間性や経営者のビジョン、社会貢献に対する取り組みの様子などを情報発信することによって、企業ブランドの向上や認知につながります。

2.オピニオンリーダーとしての発信

社会に新たな流行やブームを作り出すための手段として、ブログからの情報発信を利用することもできます。たとえば、自社ブランドが持つ価値をブログから発信すれば、それがTwitterやFacebookといったSNSを通して広がり、大きな社会現象を生み出す可能性もあるでしょう。

 

ブログは、個人・企業問わずに新たなビジネスチャンスを生み出す力を持っています。しかし、インターネット環境があれば誰でも始められる分、ライバルが多いのも事実。読者にとって「役に立つ情報」や「親切な情報」を信念に持ってコツコツと発信していくことで、一過性ではないファンを掴むことができるのではないでしょうか。ぜひブログを活用して継続的な情報発信をしてみては。

 

>>あわせて読みたい

Instagram(インスタグラム)をビジネスに活用する方法とは?

サーブコープブログをEメールでご購読いただけます!

個人情報保護方針