サーブコープブログ働き方旅行しながら働く、デジタルノマドワーカーという働き方

働き方

旅行しながら働く、デジタルノマドワーカーという働き方

記事117_1海外で増えているデジタルノマドワーカー。住む場所さえ固定せず、住みたい土地へ移動しながらオフィスを持たずに働くスタイルのことを指します。日本でも増えつつあるノマドワーカーとの違いや、海外のデジタルノマドワーカーの実情を紹介します。

1. オフィスも家も固定しない生き方

現代は、インターネットにつながる環境があれば、どこにいても仕事のできる時代です。つまり、一定の場所で生活しなくても仕事はできるということ。オフィスも家も固定しないデジタルノマドのライフスタイルとは、どのようなものなのでしょうか。

ノマドとデジタルノマドの違いは?

日本でも増えているノマドワーカー。オフィスだけでなく、カフェやコワーキングスペースなど、さまざまな場所で仕事をする人たちのことを指します。ノマドワーカーにはフリーランスや起業家の方が多く、場所に縛られずに仕事をすることで、新しい発想やアイデアが生まれやすくなるメリットがあるようです。また、定時が存在しないので、ある程度の範囲内で働く時間を自由に選ぶことができ、自分の時間を確保しやすいことも特長です。

一方、デジタルノマドワーカーは、仕事に使うPCやスマホなどのデジタル機器と、生活に必要な最小限の荷物だけで、住みたい所へ移動しながら生きていく人たちのこと。ノマドワーカーをさらに自由にしたライフスタイルと言えるでしょう。旅行しながら働くというイメージで、海外で認知度が上がりつつあります。

世界的に広まっていく予感

現在、たくさんの職種で活用されているクラウドソーシング。日常的なコミュニケーションや、仕事上のやりとりの多くはオンラインで行うことができるようになりました。顔を合わせたリアルなコミュニケーションが必要な場面は、重要な決定や大きな契約など仕事のコアとなる決断時のみかもしれません。今後、デジタルノマドが世界的に広まっていくことが予想されます。

すでにデジタルノマドを始めている人には、今後もデジタルノマドを続けたいと自身のSNSで発信している人もいます。

2. デジタルノマドワーカーの実情

記事117_2次に海外のデジタルノマドワーカーの仕事内容や実例を紹介します。

デジタルノマドワーカーはどんな仕事をしているの?

海外のデジタルノマドワーカーは、どのような仕事をしているのでしょうか。プログラミングや新しいビジネスモデルのスタートアップ、デザインやライティングなど、職種は多岐にわたっているようです。今後はより多くの職種で、デジタルノマドワーカーが増えていくことでしょう。

ITの発達は、世界のさまざまな場所にいる人たちが一緒に働くことを可能にしました。これからはひとつのプロジェクトに関わる人が、地球の裏側にいることも珍しくない時代なのです。

海外のデジタルノマドワーカーのスタイル

トラベルライターのマシュー(Matthew Kepnes)さんは、ニューヨークをベースに活動するデジタルノマドワーカーの1人です。

自宅にいるときの典型的なスケジュールは、起床後ジムに行ったりメールの返信をしてから、夕方まで仕事をして夜は友人と出かけるというもの。旅行中は朝一で働いてから観光に出かけ、仕事をしてから夜は食事や飲みに行くそうです。このスタイルの欠点を挙げるなら、旅行中はルーティーンを保つのが難しいとのこと。それでも、この生活が気に入っており、デジタルノマドワーカーを続けるつもりだそうです。

デジタルノマドワーカーのスタイルは、旅行中でも完全な休暇ということはありません。自由ながらも常に仕事と共にあり、食事中にメールを確認したり、絶景を背に作業をすることもあるでしょう。定時というものがない分、仕事とプライベートの境界が曖昧になってしまいそうですが、その問題を乗り越えられてはじめて自由があるのではないでしょうか。

風来坊のようなイメージがあるデジタルノマドワーカーですが、実は誰よりも自己管理が必要とされています。オンとオフを切り替え、自分の時間をうまく作っているデジタルノマドワーカー。彼らが斬新なアイデアを生み出したり、高い集中力を維持できるのは、環境の変化だけではなく、どこにも属さず自由だからこそ求められる「自己管理力」に秘訣があるのかもしれません。

日本でも多様な働き方が着実に浸透しており、さまざまな都市にコワーキングスペースやレンタルオフィスの増加していることからも「どこでどのように働くか」が多様化していることがうかがえます。もしデジタルノマドワーカーという自由で自律的な働き方に興味がある人は、まずは近場のコワーキングスペースを利用しながら仕事をしてみても良いかもしれませんね。

 

サーブコープは、デジタルノマドワーカーを支援するコワーキングスペースを提供しております。

あわせて読みたい