1. TOP
  2. ビジネスノウハウ・情報
  3. あなたの外見力は、あなたをアシストしていますか?ビジネスパーソンが選ぶべきファッションとは?

あなたの外見力は、あなたをアシストしていますか?ビジネスパーソンが選ぶべきファッションとは?

Pocket

最近、ビジネスシーンで注目を集めているのが「外見力」です。外見力とは一概に高価な服を着れば、上げられるというものではないといいます。そこで今回は、AICI国際イメージコンサルタント協会の最高位CIMに認定された、イメージコンサルタントの大森ひとみさんにお話を伺いました。

外見力を高めることは、自分の価値を上げること

――ビジネスパーソンに求められる外見力とは?

自分自身の存在感を高めるということと、セルフブランディング(自分の価値を向上させること)でしょうか。あとは、伝えたい内容と外見に一貫性を持たせることがビジネスパーソンにはとても大切です。

――伝えたい内容と外見に一貫性を持たせるとは?

 今日はどういう自分を演出したいかということがあると思います。例えば、信頼性を表現したい場合、見た目がそのように映っていないと、それは一貫性がないですよね。

プレゼンだったらプレゼンにふさわしい服装をすることが大切ですし、謝罪することがメインであれば、それにふさわしい服装が必要になります。

――例えば、プレゼンに合った服装を考えようと思っても、なかなか難しいと思うのですが、どのように考えればいいのでしょうか?

TPOは日本発の考え方で「タイム・プレイス・オケージョン」ですが、それだけではどのような服装を選べばいいかわからないですよね。そんな時は、TPOの三乗でより具体的に考えていきましょう。

そうすることで見た目が単なるファッションではなく、服装がひとつの重要なコミュニケーションツールになるのです。

――外見に自信を持つことで、緊張や不安感も無くなりそうです。

男性でも女性でも、ヘアスタイルを変える、自分のお気に入りスーツを着用する、自分に似合う色を身に着けるということだけで、立ち居振る舞いまで変わることがあります。外見を磨くことによる内面に与える効果は、非常に大きいと思います。

――余裕ができれば緊張もしなくなりますね。

自分自身がリラックスでき、気後れ防止になります。それによって、ビジネスを有利に進めることができるのです。つまり、外見に自信がないと、自分に集中できないということ。余計なことに気をとられ、本来伝えたい自分自身を伝えられなくなってしまうことがあるのです。

外見力を高めるには、「清潔・品位・控えめ」を押さえる

――外見力を高めるために、まずすべきことは何でしょうか?

ビジネスパーソンの場合は、身だしなみの三原則「清潔・品位・控えめ」を押さえておきましょう。マインドセットとしては、自己満足ではなく顧客満足にすること、自己評価ではなく他者評価にすること。常に相手からどう見られているかを意識することがとても大切だと思います。

――身だしなみの三原則の中で「控えめ」という言葉がとても印象的です。気合を入れようと思うと、人と違うことをして、目立ちすぎてしまう場合もありますね。

ビジネスの中ではいかに教養や常識を備えているかが大切だと思います。特に上の立場になればなるほど、いろいろな業界の方と接することになるので、コンサバティブな服装になってきます。つまり常識的な服装を整えるということです。色使いも、ネクタイは基本的には青系か赤系。他の色はオケージョンによって使い分けていけばいいでしょう。ビジネススーツも男女ともに、濃紺、チャコールグレー。ビジネスカラーを基本に、華美や派手ではなく、無駄をそぎとったシンプルなスタイルを目指しましょう。

――女性の場合、衣類の選択肢が多い分、ビジネスシーンでの見た目は難しくなると思いますが、気をつける点はありますか?

性差を感じさせないことが基本にあると思います。例えば、スーツのインナーにノースリーブを着るかどうかを迷った時に、男性と比べてみるとわかりやすいと思います。男性は夏の暑い時期に、スーツの中にノースリーブを着ないですよね。半袖は着るので、半袖にしておいた方が違和感は少ないということです。迷った時は、男性と同じようなスタイルにすると覚えておくと、理解も早いと思います。ビジネスの世界というのは性差のない世界ですから、服装も性差を感じさせないようにしておいた方がよりコミュニケーションが良好になります。

――外見力には、見た目、表情、話し方などいろいろありますが、それ以外に何か重要な要素はありますか?

外見力は、人の外見力と、企業の外見力があります。企業の外見力とは、そこで働く人たちそのものやオフィスのデザイン、置いてある調度品、ディスプレイなど目に見えるもの全てです。

――ビジネスパーソンの場合、外見力が高いオフィスにいることも重要ですね。

そうですね、実際にどういうロゴなのか、どういうペーパーを使っているか、どういうペンを使っているか、どういう封筒を使っているかなどは、全て外見力。つまりブランディングです。高いものを使っているというのではなく、時代を取り入れて、再生紙で名刺を作るというのもいいでしょう。オフィスとその周りのものに、一貫性があることが大切なのです。

自分の周りのもの全てに気を配り、外見力を高める

いかがでしたでしょうか?ビジネスパーソンの外見力は、ちょっとした気配りで高められることがわかりました。ライバルと差をつけようとして、奇をてらうのではなく、自分に合ったものを知ることが大切です。

また、オフィス選びも外見力の要素のひとつ。クライアントを多く抱える士業系の方などは利便性のいいロケーションにオフィスがあったり、フリーランスの方であれば、デザイン性の高いオフィスであるということも外見力といえそうですね。

サーブコープは、落ち着いた雰囲気のオフィスに、重厚感のある調度品を配し、どんなビジネスシーンにもぴったりなスペースを提供しています。ビジネスの外見力を高めたいと考えている方はぜひ一度、サーブコープのレンタルオフィスを見学してみてはいかがでしょうか。

 


大森ひとみ, AICI CIM

株式会社大森メソッド代表取締役社長兼CEO。AICI国際イメージコンサルタント協会最高位CIMイメージマスター。世界を代表するイメージコンサルタントとして、大手企業数百社、トップブランドのブランディング・接客研修をはじめ、プロフェッショナルアピアランス、エグゼクティブプレゼンスをテーマに服装、マナー、プレゼンスキル、スピーチなどの講演、研修、メディアトレーニングを行い、アジアをはじめ世界へと活動の場を拡げている。個人コンサルでは経営者、国会議員、医師、弁護士、アナウンサーのクライアントも多く持つ。http://www.ohmori-method.co.jp

※ 「外見力」は大森メソッドの登録商標です。

 

あわせて読みたい>>

接待のプロに聞く!一流ビジネスパーソンになるために心得ておきたい究極の「会食・接待術」とは?

 

関連記事