1. TOP
  2. ビジネスノウハウ・情報
  3. 暗闇でリフレッシュ! 周りの目が気にならない、暗闇フィットネス5選

暗闇でリフレッシュ! 周りの目が気にならない、暗闇フィットネス5選

Pocket

軽装・薄着になる春から夏の季節は、体型が気になる時期。体を鍛え直したいと考えている人も多いのではないでしょうか。また、ビジネスパーソンにとって、健康管理も「仕事のうち」といわれるほど、大切な要素のひとつ。ベストパフォーマンスは、健康的な心身があってこそといえます。

実際に欧米では、仕事の効率を上げるために早朝からジムに通うビジネスパーソンや起業家が多いのだとか。そこで、これから体を鍛えたいと考えている方に、楽しく続けられると評判の「暗闇フィットネス」をご紹介します。

暗闇×フィットネスが日本人にマッチした理由とは?

出典:株式会社FEEL CONNECTION(PR TIMESプレスリリースより)https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000080.000021292.html

ここ数年、日本で密かに流行している暗闇フィットネス。

うす暗い空間で、大音量のクラブミュージックと色とりどりの照明を駆使し、まるでクラブにいるような感覚で、フィットネスを楽しめるのが特徴です。とはいえ、トレーニング内容はかなりハードで、1レッスン45~60分程度で、エネルギー消費量は400~800kcalほど。これは、500kcal程度消費する10kmのランニングに相当する運動量です。(体重50kgの場合)

暗い空間だと周りの目が気にならないので、トレーニングだけに集中でき、効果も出やすいといわれていて、暗闇であれば「体型に自信がない」「間違えたら恥ずかしい」といった心配も解消できます。

音楽に合わせてフィットネスを行うことで、高揚感や一体感が高まり、楽しく乗り切れるのかもしれません。また、インストラクターによってクラスの雰囲気も変わるので、飽きずに楽しく続けられます。レッスンは朝7時台から夜10時台まであり、ライフスタイルに合わせて、出勤前後に汗を流すことも可能です。

今、人気の暗闇フィットネス5選

暗闇フィットネスといっても、バイクエクササイズからボクササイズまで、その種類はさまざま。やってみたい、興味のあるエクササイズからチャレンジを。

FEEL CYCLE(フィールサイクル)

暗闇フィットネスのパイオニア的存在のバイクエクササイズジム。全国に31店舗(2018年4月現在)を展開し、ブームで終わらない圧倒的な人気を誇っています。ジムには専用のエアロバイクが備え付けてあり、専用シューズを無料で借りることができます。プログラムは、フィットネスバイク+シェイプアップしたい部分と合わせて開発してあるので、脚、ウエスト、ヒップ、二の腕や全身に高いシェイプアップ効果があるのだとか。

レッスン時間:45分(消費カロリー400~800kcal程度)
ウェブサイト:https://www.feelcycle.com/

VIVANA(ヴィヴァーナ)

RIZAPが展開する女性専用の暗闇フィットネススタジオ。-5kgを目標にRIZAPのノウハウをアレンジしたファンクショナルトレーニングをグループで行います。このジムの特徴は、暗闇だけでなく、RIZAPが確立した食事指導のノウハウを活かし、Instagramで食事指導を行ってくれること。また、毎月無料でカウンセリングもしてくれるのだとか。食事指導やカウンセリングもついているので、一人でもモチベーションを保ってしっかり続けられそうです。現在は池袋店のみ。

レッスン時間:45分
ウェブサイト:https://vivana.jp/

b-monster(ビーモンスター)

暗闇の中で大音量の音楽とともにボクササイズを行うスタジオ。全国に6店舗(2018年4月現在)を展開しています。サンドバッグ(ウォーターバッグ、ボックスマスターなど、スタジオによって異なります)をパンチするだけでなく、サーキットトレーニングも組み込まれたプログラムで、全身に高い負荷を掛けられ、筋トレ効果だけでなく、リフレッシュ効果も抜群です。グローブ、タオルは無料で借りられます。

レッスン時間:45分(消費カロリー800~1000kcal程度)
ウェブサイト:https://www.b-monster.jp/

jump one

ランニングの1.7倍の消費カロリーが期待できるトランポリンフィットネススタジオ。全国に6店舗(2018年4月現在)を展開しています。トランポリンで跳ねるだけでなく、ダッシュをしたり、片足ずつステップを踏んだり、なかなかハード。トランポリンは、関節への負担も少なく、全身の筋肉をバランスがよくつけられることから注目を集めています。リズムに乗る感覚で楽しめるのも特徴です。

レッスン時間:45分(消費カロリー450~800kcal程度)
ウェブサイト:https://www.jumpone.jp/

LOIVE(ロイブ)

L.A.発のドラムパフォーマンスをモチーフにした“エアドラムエクササイズ”が体験できるホットヨガスタジオ。大音量の音楽に合わせてドラムスティックを激しく降り、有酸素運動と筋トレの組み合わせでストレス発散とボディのシェイプアップができます。(7月より期間限定のレッスン)

レッスン時間:45分(消費カロリー600~800kcal程度)
ウェブサイト:https://www.hotyoga-loive.com/

楽しく続けられるのが暗闇フィットネスの最大のメリット!

暗闇フィットネスは、他人の目が気にならないだけでなく、音楽に合わせて思い切り体を動かすことができ、ストレス発散もできます。また、早朝から夜遅くまでレッスンがあり、ウェブサイト上で簡単に予約やキャンセルができるのも、忙しいビジネスパーソンに嬉しい点です。体験レッスンもあるので、興味があれば一度、非日常の暗闇空間を味わってみてはいかがでしょうか。

 

>>あわせて読みたい

【起業家300人に聞きました!】デキる起業家なら当たり前。半数近くが行う体調管理・ストレスケア方法とは?

 

関連記事