サーブコープブログトレンドマーケティングの最新トレンド「マーケティングオートメーション」とは?

トレンド

マーケティングの最新トレンド「マーケティングオートメーション」とは?

Marketing Strategy Branding Commercial Advertisement Plan Concep事業を始めてから立ちはだかる壁のひとつは、「マーケティング」ではないでしょうか?マーケティング先進国といわれるアメリカでは「マーケティングオートメーション」という概念がいち早く誕生し、現在多くの企業がそのツールを導入しています。最近では日本でも「マーケティングオートメーション」がマーケティングの重要なキーワードとして挙げられるようになりました。今回は、そんな話題の「マーケティングオートメーション」についてご紹介します。

マーケティングの主な活動

まずは、マーケティングの活動について整理しましょう。マーケティングの活動は主に以下の3つに分類できます。

  1. 見込み客(リード)を集める(リードジェネレーション)
  2. 見込み客を選別する(リードスコアリング)
  3. 見込み客を育てる(リードナーチャリング)

では、マーケティングオートメーションはどのような役割を担うのでしょうか?

マーケティングオートメーションとは「マーケティング活動の自動化」

Double exposure of businessman.マーケティングオートメーションとは、文字通りマーケティング活動の自動化を目的としています。

「獲得した見込み客(リード)に対し、メールマーケティングなどの販促活動を行うことでエンゲージメント(愛着、共感)を高め、購買意欲が高まった見込み客へと育成をした段階で営業に引き渡す」といった一連のマーケティング活動を自動化します。

マーケティングオートメーションでできること

マーケティングオートメーションでできることをさらに詳しくみていきましょう。特徴としては、シナリオ実行のオペレーションやデータの収集が挙げられます。

・顧客に適したシナリオのキャンペーンが実施管理できる
・キャンペーンを行った結果、見込み客とそのリードに紐づいた行動データが自動蓄積される
・蓄積された行動履歴によってターゲティングを実施。次のアクションに誘導
・シナリオ実行の結果が把握でき、シナリオや施策の調整に役立てられる
・複数のKPI(評価指標)が取得でき、数値に基づいたPDCAサイクルが構築できる

導入の1番のメリットは営業活動の効率化!

happy creative team celebrating victory in officeマーケティングオートメーションツールを導入するメリットは、営業活動の効率化でしょう。

「とりあえず商品特性を聞いてみたい」といった購買意欲の低い段階から、「どこで買えるのか聞きたい」といった購買することがほぼ決定している段階まで、見込み客の状況はさまざまです。それらの見込み客すべてに営業担当者が対応するのは非効率です。

そこで、マーケティングオートメーションによって効率的に見込み客を育て、受注確度の高い段階になった見込み客に対して営業担当者がアプローチをすれば、大幅に業務効率化を図れます。また最適なタイミングを逃すことなくアプローチできるので、営業の機会損失を抑えることもできます。

さらに、マーケティングからセールスまで、すべての活動にKPIを設定し、それをモニタリングできるため、KPIを可視化できます。その結果、PDCAを早く回せるようになり、マーケティング活動全体が活性化します。

「マーケティングオートメーション」に関する無料セミナーを開催!

マーケティングオートメーションでできることやメリットをご紹介しましたが、それでもやっぱり「マーケティングオートメーションってよくわからない……」という方や、「マーケティングオートメーションについてもっと詳しく知りたい」という方は、「マーケティングオートメーション」を始めとした最新マーケティングに関する弊社の無料セミナーにご参加されてはいかがでしょうか。今までにさまざまなビジネスシーンを経験し、経営者としての視点を持ちつつ「現場重視」の姿勢を大事にする亀川氏に、「感性」をキーワードにしたB2Bマーケティングについてお話いただきます。

セミナー後には、参加者同士の意見交換や名刺交換などが行われ、交流会としても人気の無料セミナーです。セミナー内容の詳しい内容・お申し込みはこちらまで!

あわせて読みたい