サーブコープブログサーブコープについて士業の独立におすすめ! 弁護士や行政書士が利用するサーブコープのレンタルオフィス

士業の独立におすすめ! 弁護士や行政書士が利用するサーブコープのレンタルオフィス

独立する弁護士が法律事務所を開設するのにかかる費用は、数十万円から数百万円と言われています。東京弁護士会が公開している資料(※)では、独立に費やした金額は少ない人で33万円、多い人で625万円と大きな開きがありました。

立地やオフィスの面積はもちろん、自宅で開業したり、レンタルオフィスを活用したり、一般的な賃貸オフィスを借りて開業したりとオフィスの形態によっても初期費用や月々のランニングコストは異なります。

本記事ではレンタルオフィスを活用して開業する場合のメリットをご紹介。弁護士や行政書士など、多くの士業系のお客様にご利用いただいているサーブコープのオフィスサービスについて解説します。

6つのメリット|士業事務所の開設にレンタルオフィスがおすすめ

新しい法律事務所を構えるにはいくつかの選択肢がありますが、選びやすいのは「自宅」「レンタルオフィス」「賃貸オフィス」の3つのいずれかを利用する方法。

それぞれメリットとデメリットがありますが、自宅のスペースを利用するのが一番手っ取り早く、また費用をかけずに開業できるメリットがあります。ただ、自宅住所を公開することでプライバシーの問題が発生し得るといったデメリットもあるでしょう。

賃貸オフィスを借りて法律事務所を開業するケースはどうでしょうか。顧客からの信用を得るという点ではベストかもしれませんが、立地を優先すると初期費用やランニングコストが高額になるため、独立当初は駅から遠かったり、ビルが新しくなかったりと、悪条件の中から物件を選ぶ結果にもなりかねません。

いま挙げたプライバシーの問題やオフィス条件の課題をクリアしてくれるのが、レンタルオフィスを活用するという選択肢。代表的な6つのメリットを解説していきます。

レンタルオフィスを利用する6つのメリット

  1. 初期費用を抑えられる
  2. 契約したその日から業務を開始できる
  3. 会議室を必要な時だけ利用できる
  4. 受付や窓口担当を雇用しなくてもいい
  5. 電話代行サービスを利用できる
  6. 高グレードのビルや好立地を選ぶことも可能

1. 初期費用を抑えられる

東京弁護士会の公開データによると、レンタルオフィスを利用して独立したケースの初期費用は70万円程度で済んでいることがわかります。これは賃貸オフィスで事務所を開業した場合の半分、高額な例と比較すると10分の1の規模です。

レンタルオフィスは基本的に、個室スペース以外のラウンジや会議室は共用エリアで、コピー機やインターネット環境といったインフラのコストも個人で負担する必要がない分、圧倒的なコスト削減につながります。

2. 契約したその日から業務を開始できる

オフィス家具やOA機器、インターネットなど、仕事に必要な設備が初めから整っているため、契約したその日から業務に集中できます。賃貸オフィスの場合、物件の下見からレイアウトの決定、家具やインターネット環境の準備に数週間から数カ月かかります。こうした手間が省けるのがレンタルオフィスの大きなメリットです。

3.会議室を必要な時だけ利用できる

顧客との面談に欠かせない会議室ですが、スペースを確保するためには月々のランニングコストがかかります。使用していない時間が多ければ、経費がもったいないですよね。貸会議室のあるレンタルオフィスを選べば、来客時や社員同士でミーティングをしたい場合など、必要な時だけ利用できるのでコスト削減にもつながります。

4. 受付や窓口担当を雇用しなくてもいい

電話応対や、来客対応をする受付スタッフがいるレンタルオフィスを選べば、秘書的な役割をする人材を雇用する必要がなく、人件費を抑えることができます。秘書の平均時給は2,000円前後と言われているので、1カ月で約30万円程度の支払いに。経費削減を理由に自分で雑務をこなす場合、なかなか本業に集中できないストレスも生じます。秘書サービスを提供しているレンタルオフィスを選ぶことをおすすめします。

5. 電話代行サービスを利用できる

少数精鋭の企業なら特に電話代行サービスの利用をおすすめします。このサービスは会社にかかってきた電話に応対したり、電話を転送したりしてくれるため、大切な連絡を取りこぼすことがなく便利です。電話に対応するための社員を雇う必要もありません。ただすべてのレンタルオフィスが電話代行サービスを提供しているわけではないので、事前の確認が必要です。

5. ビジネス一等地に事務所を持つことができる

東京で言うと弁護士事務所が多いのは千代田区や港区と言われていますが、そうしたエリアで事務所を開業するには賃貸だけで高額になってしまいます。1人で独立する場合は、小さな物件を探すこと自体が困難です。ビジネス一等地にあるレンタルオフィスを選べば、たとえ1人でも東京地裁や霞が関に近い場所で開業するのも夢ではありません。

 サーブコープのレンタルオフィスがなぜ士業に人気なのか

サーブコープ・丸の内トラストタワー本館拠点(20階)から見下ろす東京駅

 

士業事務所として利用されるお客様も多いサーブコープのレンタルオフィス。サーブコープの営業担当者にサービスの詳細について聞きました。

Q. サーブコープを利用されている士業系のお客様の職業を教えてください。

A. 弁護士、行政書士、税理士、社会保険労務士、公認会計士のお客様に多くご利用いただいております。

Q. 士業事務所だからこそ、サーブコープがおすすめといったサービスの強みはありますか。

A. サーブコープが強くこだわっていることの一つに、立地やビルのグレードがあります。国内に26拠点ありますが、すべてビジネス一等地にあり、またAグレードビルに入居しているため高級感もあります。

顧客からの信頼性が特に大切な士業の方にとって、洗練されたオフィスを持つことはビジネスにもプラスに働くのではないでしょうか。

Q. サーブコープは秘書の人材育成にも力を入れているんですよね。

A. そうです。サーブコープのフロアに一歩踏み入れると、受付スタッフの教育がしっかり行き届いているなと感じていただけると思います。

独自に開発した研修プログラムを受けているため、社会的関心の高い「コンプライアンス」の基本も習得しています。お客様から、「重要な場面でも、安心してクライアント対応を任せることができる」と高評価をいただいています。来客応対が好印象であれば、士業のクライアント様への信頼にもつながります。

Q. 秘書サービスの他におすすめのサービスはありますか。

A. 士業のクライアント様には「インターセプト」という電話取り次ぎサービスが大変おすすめです。

顧客との面談や移動での外出が多いと思いますし、また専門的な業務には集中する時間が必要だと思います。電話応対をサーブコープの受付担当にお任せいただくことで、大切な電話も取りこぼすことなく、また作業を中断することなく集中して業務に取り組んでいただけます。

オフィス利用者に聞いた! サーブコープの魅力とは

最後に、サーブコープをご利用中のお客様からいただいたコメントをご紹介します。

さまざまなレンタルオフィス会社を見て比較しましたが、最終的な決め手となったのはビルのグレードと秘書サービスです。弁護士で、かつM&Aを扱うとなると、顧客はそれなりのレベルの雰囲気や立地を求めます。来客の際に利用できる会議室もグレートが高く、安心してお客様をお迎えできます。

サーブコープは都内だけでも16拠点あるので、顧客の所在地や要望に合わせて使い分けできるのが便利です。どこの拠点に行っても同じ雰囲気なのは利用者にとっては安心です。

ロケーションの良さもさることながら、高級感のある内装とスタッフの仕事のクオリティの高さは、都内に数あるレンタルオフィスの中でも随一と言って間違いないと思います。

とても洗練されたオフィスに驚きました。スタッフの方の対応もしっかりされていました。クライアントとのミーティングや電話も多くなりそうなので、しっかりしたスタッフがサポートしてくれるのはありがたいです。

利便性・環境・景色など全てが整っています。また、スタッフの方の迅速かつ丁寧な対応が大変良く働く環境に最適です。

受付の方やマネージメントの方にいつも助けていただいています。スタートアップの会社にとってはとても良いオフィスだと思います。

いかがでしたか。士業事務所の開業にレンタルオフィスがおすすめの理由や、サーブコープが強みとするサービス、ご利用者様の声を紹介しました。サーブコープのご利用に興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください

(※) 東京弁護士会|東京 独立開業する。〜独立開業マニュアル東弁版〜第2版

あわせて読みたい