サーブコープブログサーブコープについてRFTC Japanを通して乳がん早期発見啓蒙活動を支援しませんか

RFTC Japanを通して乳がん早期発見啓蒙活動を支援しませんか

ご存知の方も多いと思いますが、サーブコープはパートナーとして「ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーション」(RFTC: 乳がん早期発見啓発活動推進協議会)への支援活動を行っています。コロナ禍の影響を受ける今こそ、私たちと一緒にRFTC団体をサポートしませんか?

ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーション

NPO法人Run for the Cure Foundation(RFTC Japan)は、東京を拠点に日本全国で乳がんの教育啓蒙活動をしている非営利団体です。2003年に任意団体として活動を開始し、2004年12月に特定非営利活動法人としての認証を受けています。乳がんで命を落とす方を一人でも減らすために、乳がんの検診とセルフチェックの大切さを伝えること、乳がんを正しく知ってもらうこと、そして乳がんを経験された方を支えることをミッションとしている団体です。

これまではチャリティーイベントの開催を通して皆さまからご寄付いただき、活動を続けておりました。しかし、新コロナウィルス感染拡大に伴い、2020年の年末にオンライン開催したチャリティーランを除き、全てのイベントが中止。コロナ禍の影響を受けて協賛も減少。資金不足のため、教育啓蒙活動を大幅に縮小せざるを得ず、気持ちの面や運営の面で苦しい状況が続いているのが現状です。

一方で、今日も乳がんに罹患している人がいて、毎日増え続けているのも事実。今まで以上に「乳がんを正しく知る」を発信し続ける必要があります。乳がんは日本人女性が罹患するがんの1位で、毎年9万人以上が乳がんと宣告され、9人に1人の割合。そして、その多くが30〜50代の女性。つまり、乳がんは他人事ではなく、とても身近で「自分」や「大切な人」にも繋がるものなのです。

乳がんは検診で見つかりやすく、定期的な検診やセルフチェックで早期に発見して適切な治療をすれば、90%の確率で治癒できますが、実際に行っている人が実はとても少ない。この課題を解決するべく、検診やセルフチェックについて学んだり、乳がんに関心を持てるきっかけづくりをしているのがRFTC団体です。

クラウドファンディング活動

新コロナウィルス感染症の収束の見通しは未だに不透明です。

そこで、今回はクラウドファンディングの新しいプロジェクトを開始。目標金額100万円を目指す挑戦となり、このご支援金は事業を続けるための運営経費に充てられます。

日本では11人に1人の女性が一生涯で乳がんに罹患するリスクがあるといわれている今、乳がんに対する意識の向上、高精度の検査、早期発見と適時治療の実現を目指して、RFTC団体の活動を支えませんか?

RFTC Japan は、以下の3つの柱で、教育啓蒙活動を展開しています。全ての事業は無料です。

  1. 乳がん教育セミナーHana-me(はなみ)

コロナ禍の感染リスクや在宅のテレワーク促進の影響から、全てのセミナーをオンライン化し、オンラインセミナーを推進。

2.  乳がんと女性のQOLの季刊誌PiNK

2021年は冊子版PiNKを全て一時的に中止し、2号分を合併した2021年の冬号と秋号をオンライン版で発行。Instagram、Facebook、TwitterなどのSNSで積極的にコンテンツを発信

3.  乳がんサバイバーを支援するコミュニティーイベント PiNK Beauty Party

コロナの収束が不透明であっても安心してご参加いただき、より広範囲の方に講習をお届けできるように、2021年もオンラインイベントとして配信。

 

その他RFTC Japanの取り組みについて

・RFTC Japan 公式ページ⇒ https://rftcjapan.org/
・乳がんセミナー「Hana-me」⇒ https://rftcjapan.org/outreach/hana-me/
・季刊誌「PiNK」⇒ https://rftcjapan.org/outreach/pink-magazine/
・PiNK Beauty Party⇒ https://rftcjapan.org/outreach/pink-beauty-party/

リターン

上記プロジェクトへの寄付にご協力いただくと、金額に応じてリターンが届きます。

3,000円以上で、RFTC Japan公式事務局からの御礼メールが届き、

50,000円以上で、さらに「アソシエイツ」スポンサーとしてwebサイトへお名前の掲載がされます。

100,000円以上だと、RFTC Japan x New Balance Japanコラボ オリジナル公式Tシャツ に加え、「フレンド」スポンサーとしてwebサイトへお名前の掲載。さらに任意でHana-meのオンラインセミナーの実施も。

スポンサーとして名前が掲載されれば、さらに企業の姿勢も明確に示すことができ、信頼やブランディングにもつながります。

※サーブコープスタッフもRFTC Japan x New Balance Japanコラボ オリジナル公式Tシャツを着用

詳細はこちらまで

サーブコープも乳がん早期発見啓蒙活動を支援

がんの予防や治療、若年層患者や重篤・末期患者への支援を地域貢献の柱にしているサーブコープ。なかでも、乳がんに関する啓蒙や定期検診の促進を行うNPO法人「ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーション」には、2011年より協賛企業として積極的に支援活動を続けています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Servcorp Japan(@servcorpjapan)がシェアした投稿

ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーションが「Tokyo Run for the Cure®/Walk for Life」などにパートナーとして参加し、支援しています。年末に開催されるTokyo Run for the Cure®/Walk for Life では、サーブコープのスタッフも5キロ~10キロにおよぶランニングやウォーキングに参加。ほかにも、サーブコープ社内で開催される「サマーファンクション」といったイベントで募金を集め、すべて「ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーション」へ寄付しています。2020年はコロナウイルスの影響により、限られた支援活動であったものの総額2,952,992円をRFTCに寄付しました。

【#RFTC Japan への寄付にご協力ありがとうございました】

今年もさまざまなイベントでの募金活動を通じ、サーブコープがパートナーを務める”Run For The Cure Foundation”…

サーブコープさんの投稿 2020年11月18日水曜日

弊社ゼネラルマネージャー日本 オルガ・フリートストラとRFTC創設者 ヴィッキー・パラダイス・グリーン氏


<公式サイト>
サーブコープ https://www.servcorp.co.jp/ja/about-us/community/
ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーション https://rftcjapan.org

企業価値の向上にもつながるCSR活動

多くの企業が自社の強みを生かしたCSR活動で、社会に還元している現代。

CSR活動(Corporate Social Responsibility:企業の社会的責任)は、企業が余力で行う「慈善活動」だと思われがちですが、決してそうとはいえません。

例えば、CSR推進企業として有名なアウトドアメーカー・パタゴニアは、「ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する」という理念のもと、

地球規模の環境問題に向き合うことを、会社の使命そのものと捉えています。

CSR活動は千差万別ですが、その対象者が明確であると、企業の姿勢も明確に示すことができます。

世界的な環境問題へコミットする姿勢を打ち出したことで、注目され、企業の考え方やスタンスを社会貢献活動で示すことで、結果的に企業の信頼やブランディングにつながり、消費者の購買意欲につながると考えられているのです。

 

さいごに

乳がんで命を落とす人を一人でも減らし、乳がんを経験した方を支える。

「乳がんを正しく知る」きっかけを届け続けていくために、みなさんもぜひご協力ください。

あわせて読みたい