1. TOP
  2. ビジネストレンド
  3. スマートホーム最前線!注目の家具家電×IoT商品4選

スマートホーム最前線!注目の家具家電×IoT商品4選

Pocket

2017年の10月3日から3日間にわたり行われたエレクトロニクス関連見本市「CEATEC JAPAN 2017」。当イベントでは最新のテクノロジーを使ったモノやサービスが一挙に集められました。中でも注目をあびていたのは、家具・家電とIoTを組み合わせた新システムです。スマートホームの最前線でもあるIoT商品は、わたしたちの生活をより快適にしてくれることでしょう。

今回はIoTを組み合わせた家具・家電の中から、実際に自宅で使ってみたいアイテムをご紹介します!

話題のIoTとは?家具家電と組み合わせるとどうなるの?

そもそも、「IoT」とはInternet of Thingsの略。インターネットに接続されたアイテムのことを意味しています。ネットワークを組むことで、アイテム同士が得た別々の情報を共有したり、スマートフォンで遠隔管理できたりします。今回ご紹介する家具・家電たちも、IoTの技術を駆使した便利な製品ばかりです。

ネットワークカメラ 「スマカメ 話せるナイトビジョン」でスムーズな会話を

出典: http://www.planex.co.jp/

プラネックスコミュニケーションズが提案した「スマカメ 話せるナイトビジョン」。スマカメの大きな特徴は、スピーカーとマイクを内蔵したネットワークカメラです。真っ暗な場所でも撮影可能な暗視機能も搭載されています。専用アプリを使うことで簡単にカメラの映像をスマートフォンで確認。遠隔地からの音声通話も可能です。

具体的には、キッチンでお料理をしながら別の部屋にいるお子さんと会話したり、遠方で過ごすご家族とのやりとりにも使うことができます。カメラの映像に大きく動きがあった場合スマートフォンに通知を送る動体検知機能も搭載されているので、お昼寝中の赤ちゃんを見守るのにも便利です。暗視機能を使って、閉め切られた倉庫で使用するなど、ビジネスシーンでも活躍が期待できます。

参考価格:オープン価格

「eRemote」で外出先から家電の状況をコントロール

出典:http://linkjapan.co.jp/product/eremote/

部屋の電気を消し忘れていないか外出先から確認したい、寒い日の帰宅時間に合わせてエアコンのスイッチを入れたい、そんなときに役立つのがLinkJapanの「eRemote」です。eRemoteは、家電全般に対応できる学習型リモコン。スマートフォンからWi-Fiを使って指示を出せるため、メーカーや型番、年式にとらわれず、たくさんの家電をコントロールできます。部屋ごとに複数設置しても、すべて1台のスマートフォンに入っている1つのアプリだけで管理することが可能です。

本体には温度センサーも搭載されており、留守番中のお子様やペットのために室内の温度を調節してあげることができます。また、冬は暖房、夏はエアコンと、帰宅前に部屋の温度をほどよく調節することも可能です。必要な場面に合わせピンポイントに家電を使用できるため、省エネ効果も期待できます。

参考価格:10,584円

「eSensor」で住みやすい環境を守ろう

出典:http://linkjapan.co.jp/product/esensor

eRemoteと組み合わせて使いたいのが、同じくLinkJapanが提案している「eSensor」。温度、湿度、明るさ、音、空気質、5つのセンサーを搭載した多機能センサーで、置かれた空間のデータを数値化し、スマートフォンで確認できます。

特に魅力的なのが、空気質の管理。eSensorは、主にVOC (揮発性有機化合物)を元に計測します。現代ではシックハウス症候群の原因と考えられている塗料や接着剤、ガソリン、シンナーなどに含まれる物質を検知できるため、アレルギー対策として役立ちます。eRemoteを使えば、温度や明るさの調節も遠隔操作でき、離れた場所でも室内を管理することができます。

参考価格:10,584円

天気を教えてくれる傘立て「Umbrella stand」

出典:https://www.au.com/information/topic/auwallet/20150825-01/

天気予報を見る時間を減らしたい……そんなあなたにおすすめなのが、KDDIが発表した「Umbrella stand」。底部にLEDライトとビーコンを内蔵した傘立てで、スマートフォンに「Mono Manager」というアプリを入れBluetooth連携し、お住まいの地域を設定します。

スマートフォンを持った状態でUmbrella standに近づくと、晴れの日はオレンジ、降水確率が高い日は青など、ライトの色でその日の天気を教えてくれます。傘を忘れることがなくなりそうです。アプリを通じて、当日の6時間ごとの降水確率を確認することも可能です。

参考価格:8,715円

※現在、au WALLET Marketでのみ取り扱われています。

家具・家電とIoTを組み合わせたアイテムでよりスマートな日常を

インターネットの発達により、家具・家電はより便利なアイテムに進化しています。現在はスマートフォンと連動する製品が多いですが、eRemoteとeSensorのように、モノとモノがつながるIoT家電も増えていくことが予想されます。IoT家電の普及は、社会全体の効率化につながり、新しい生活スタイルを作っていくでしょう。

 

>>あわせて読みたい

ビジネスパーソンが今持っておきたい、2017年要注目の最新IoTグッズ5選