1. TOP
  2. ビジネストレンド
  3. ビジネスパーソンにおすすめ!スマートウォッチ10選

ビジネスパーソンにおすすめ!スマートウォッチ10選

Pocket

2013年にスマートフォンへの接続が可能な腕時計端末「スマートウォッチ」が発売されて以降、多彩な機能を搭載したモデルが増え続けています。さらに、近年のフィットネスブームで、ユーザーの健康管理をサポートするタイプに人気が集まっています。そこで、今回は3つのタイプ「ビジネス・フィットネス双方型」「ビジネス型」「フィットネス型」にわけて、今手に入れるべきスマートウォッチを10点ご紹介します。

ビジネス・フィットネス双方型」スマートウォッチ3選

Apple Watch

出典:www.apple.com/jp

出典:www.apple.com/jp

iPhone利用者にオススメなのがApple Watch。使用できるアプリも他と比べると圧倒的に多く、拡張性が高いのが特徴です。2017年には第3世代が発売され、セルラーモデルも登場。このモデルでは、スマートフォンが近くになくても通話が可能です。そのほかにもメッセージ、電子マネー決済もでき、GPSや脈拍計、気圧高度計、50m耐水性能などの機能も備えています。

Apple Watch Series 3 GPS+Cellularモデル

価格:49,464円(税込)~

ウェブサイト:https://www.apple.com/jp/

Samsung Galaxy Gear

出典:www.galaxymobile.jp

出典:www.galaxymobile.jp

サムスン独自のOS「Tizen」を搭載したスマートウォッチ。ディスプレイタッチだけでなく、回転させて操作するベゼルも特徴です。Bluetoothに接続すれば、カバンからスマートフォンを取り出さなくても、内蔵されたスピーカーとマイクで通話が可能。そのほかにも、加速度計、ジャイロセンサー、心拍センサー、GPS、気圧計などの機能を搭載し、ビジネスからスポーツまで幅広くサポートしてくれます。バッテリー駆動時間は3~4日なので、短い出張なら充電の心配が不要なのもうれしいポイント。

Galaxy Gear S3 frontier

価格:39,832円(税込)

ウェブサイト:http://www.galaxymobile.jp/wearables/

ASUS ZenWatch 3

出典:www.asus.com/jp/

出典:www.asus.com/jp/

円形のおしゃれなディスプレイが印象的なスマートウォッチ。加速度センサー、ジャイロセンサー、光センサーを搭載し、IP67の防水・防塵に対応しています。操作はケース右側面のボタン。上部ボタンはアプリをショートカット起動、真ん中のボタンは1度押しでホーム画面に戻り、2度押しで「アンビエントモード」や「シアターモード」などの表示機能をオンにできます。歩数、歩行距離、消費カロリーのほか、腹筋や腕立てなどを計測する機能「ZenFit」を搭載しているので、フィットネス機能にも優れています。

ASUS ZenWatch 3

価格:39,744円(税込)

ウェブサイト:https://www.asus.com/jp/ZenWatch/ASUS-ZenWatch-3-WI503Q/

「ビジネス型」スマートウォッチ3選

Fossil Q NATE

出典:www.fossil.com/jp/ja/wearable-technology.html

出典:www.fossil.com/jp/ja/wearable-technology.html

人気腕時計メーカー「Fossil」が作ったハイブリッドスマートウォッチ。アナログ時計のデザインのまま、スマートフォンの通知確認や遠隔操作ができます。操作はケース右側面の3つのボタンで行います。一番上は時間の確認、中央は項目ごとの値の確認、一番下はカメラのシャッター操作や、スマートフォンから音を鳴らしたり、リモートコントロールが行えます。スマートフォンの通知は、バイブレーションや針の動きで教えてくれます。

Fossil Q NATE

価格:27,000円(税込)

ウェブサイト:https://www.fossil.com/jp/ja/wearable-technology.html

Tag Heuer コネクテッド モジュラー

出典:www.tagheuer.com/ja/

出典:www.tagheuer.com/ja/

スイスの高級時計ブランド、タグ・ホイヤーとGoogle、Intelがコラボレーションして作ったスマートウォッチ。時計盤は色、デザインから機能まで4000通りから選べ、パーツもカスタム可能。自分だけのオリジナル時計を持つことができます。カレンダーはGoogleカレンダーと同期。時計から予定を追加できるので便利です。またGPSが搭載されているので、Googleマップで現在地を確認することもできます。スマートフォンのプッシュ通知で、メールや着信を確認できます。

Tag Heuer コネクテッド モジュラー50 m – ∅45mmグレーカーフスキンストラップ、ブラックセラミック製ベゼル

価格:216,000円(税込)

ウェブサイト:https://www.tagheuer.com/ja/

SONY wena wrist head + pro

出典:http://wena.jp/

出典:http://wena.jp/

ソニーのハイブリッドスマートウォッチは、スーツにも合うデザインで、ビジネスパーソンにぴったり。一番の特徴は、手首部分に搭載された電子マネー機能。dポイントカード、Edy、iD、QuickPayなどが使用できます。スマートフォンの電話、メール、SNSの新着情報を振動と光で受け取ることも可能。ビジネス向けのため、活動量計機能は歩数や消費カロリーのみで、心拍計はついていません。

SONY wena wrist head WH-TM01/S + pro WB-11A/S

価格:95,860円(税込)

ウェブサイト:http://wena.jp/

「フィットネス型」スマートウォッチ4選

Fitbit blaze

出典:https://www.fitbit.com/jp/blaze

出典:https://www.fitbit.com/jp/blaze

フィットネス系のスマートウォッチといえば、Fitbit。なかでもBlazeは新着通知、音楽再生のスマートウォッチの機能とフィットネス機能を搭載したモデルです。心拍センサーを搭載。さらに、ランニングやサイクリング、有酸素運動などのスポーツからひとつを選択し、スコアを記録する「マルチスポーツ」や有酸素運動のレベルの改善方法を教えてくれる「有酸素運動フィットネスレベル」などの機能も備えています。

Fitbit blaze

定価:28,944 円(税込)

ウェブサイト:https://www.fitbit.com/jp/blaze

Polar M600

出典:www.polar.com/ja

出典:www.polar.com/ja

心拍計で有名な「Polar」のスマートウォッチ「M600」。一番の特徴は、背面に備えられた6つのLED心拍センサー。手首の脈拍から心拍数を高精度に計測でき、日々のトレーニングの成果を正確に記録できます。また、Polarアプリを立ち上げると100種類以上のスポーツから該当するものを選択でき、心拍数とGPSの測定が可能。Polar端末で計測したデータは、データ管理アプリPolar Flowで分析でき、やる気をアップしてくれます。

Polar M600

価格:48,384円(税込)

ウェブサイト:https://www.polar.com/ja

HUAWEI WATCH2

出典:http://consumer.huawei.com/jp/

出典:http://consumer.huawei.com/jp/

スポーツがさらに楽しくなるスマートウォッチ、HUAWEI WATCH2。プリインストールされているトレーニングアプリを使うと、脂肪燃焼や有酸素運動など、目的に合わせたランニングスピードのアドバイスや、トレーニング終了後にトレーニングの効果や回復までの時間を表示してくれます。音声通話の発着信ができたり、「Google Play Music」に対応して約2GBの内蔵ストレージに音楽を保存、再生したりすることができるので、スマートフォンを持たずにランニングできます。

HUAWEI WATCH2

価格:37,584円(税込)

ウェブサイト:http://consumer.huawei.com/jp/wearables/watch2/

moto360 SPORT(Motorola)

出典:www.motorola.co.jp

出典:www.motorola.co.jp

「Motorola」から発売されたフィットネス向けの Android Wear スマートウォッチ。GPS や心拍センサーを内蔵し、ウォーキングやランニング、サイクリングなどのペース、速さ、距離などのログを取ることができます。また「AnyLight」と呼ばれるカラー液晶と反射液晶のハイブリッド構造の新しいディスプレイ技術も搭載。屋外の直射日光下でも画面が見やすく、アウトドアに適しています。

moto360 SPORT

価格:38,500円(税込)

ウェブサイト:https://www.motorola.co.jp/products/moto-360-sport

 

ビジネスや健康管理をサポートしてくれるスマートウォッチ。各ブランドのウェブサイトやレビューを参照しながら、あなたにぴったりなスマートウォッチを見つけましょう。

 

>>あわせて読みたい

ビジネスパーソンが今持っておきたい、2017年要注目の最新IoTグッズ5

 

 

関連記事