1. ホーム
  2. /
  3. News2
  4. /
  5. 2016
  6. /
  7. Development in Shinagawa area

品川エリアの新開発

2016年6月 | サーブコープ


2020年の東京オリンピック開催に向けた大規模再開発が計画されている都心部各エリアの中で、最も変貌を期待されている品川エリア。

都が策定した「品川駅・田町駅周辺 まちづくりガイドライン2014」によると、東京オリンピック開催にあわせて品川駅・田町駅の間に開業する新駅は2020年の暫定開業を目指しており、その周辺エリアには今後マンション、オフィスや商業施設が入る高層ビルが建設される予定だそうです。

2027年にはJR東海のリニア中央新幹線が開業し、品川駅港南口の地下にリニア駅を建設するそう。なんと品川~名古屋間が40分ほどで結ばれるようです。さらに、東京都は品川周辺の事業集積が進むと予想しており、品川駅と白金高輪駅周辺を地下鉄で結ぶ構想を提言しています。

駅近、かつ空港へのアクセスが抜群で、ビジネス住所として最も選ばれている港区にあることから人気を誇る品川インターシティは、国内・海外へのアクセス利便性がいっそう高まることにより、今後さらに人気の拠点となりそうです。品川インターシティのサービスオフィスやバーチャルオフィスを活用する企業にとっては、この利便性を出張時や外出時に実感することとなるでしょう。

品川インターシティ A棟
〒108-6028
東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟28階
03 6717 4500
shinagawaintercity@servcorp.co.jp