サーブコープブログ知識・ノウハウビジネスで存在感を示す10の方法

ビジネスで存在感を示す10の方法

10 Ways To Make Your Business Appear Bigger

例えばあなたが、海外企業の初めての日本拠点を立ち上げるとします。もしすでに世界的に信頼されているビジネスなら、たとえ日本での規模が小さくても、顧客を安心させるプロフェッショナルな応対が欠かせないでしょう。この法則はどんなビジネスにも当てはまります。つまり、スモールビジネスの場合でも、成功の秘訣は、高い信頼レベルをキープすることです。「存在感を示す」とは必ずしも単純に「大規模」に見せるということではなく、それ相応の「信頼を得る」ということです。では、どうしたらクライアントやユーザーから信頼を得ることができるのでしょうか。今回はスモールビジネスで実践するべき重要なポイントを10個、シンプルに挙げてみました。

1. オンラインで 優等生になる

見込みのあるクライアントがまず第一にすることといえば、オンラインでのリサーチ。自社のウェブサイトが効果的に運営されていて、良質のコンテンツを掲載し、会社についてしっかり表現できていることを確実にしましょう。

2. 積極的に発言する

自社のビジネスをできるだけ多くの方面で広めること。関連のあるサイトやフォーラムにコメントしたり、ツイッター上ではツイート、リツイートすることで、オンラインでの存在感を最大限に示しましょう。

3. ブランディング

会社について、しっかりとしたブランド(テーマ、色、ロゴ、語りのトーンなど)が固まったら、以降はそれで通すこと。会社に関わるすべての場面で、ブランドに一貫性を持たせましょう。

4. クライアント例を活用する

名の知れたクライアントを確保したら、プロモーションのツールとして利用させてもらいましょう。自社サイトやマーケティング資料にクライアントのロゴや情報を掲載すれば、信頼度もアップします。

5. USP(=Unique Selling Proposition、自社のみが持つ独特の強み)を設定し、うまく売り込む

ビジネス規模の大小に関わらず、優れた商品やサービスを提供すれば瞬く間に業界で認められ、注目を浴びるようになります。

6. できるだけ応対可能時間をとる

ビジネスチャンスを増やしたいなら、他社が応対できないときにこそクライアントに応対できるようにしましょう。限られたリソースでは難しい注文かもしれませんが、実行すれば会社はすぐに存在感を増していくはずです。

7. ネットワーク

あなたの個人名と自社名を、できるだけ多くのイベントやエリアで広めましょう。また、直接クライアントや競合他社の前に姿を見せるようにしましょう。

8. プロフェッショナルなオフィススペースや受付を共有する

こうすることによって、いつ新しいクライアントから声がかかっても適切な応対をすることが可能です。それが難しい場合は、バーチャルオフィスを考慮してみましょう。

9. アウトソーシングで拠点を増やす

内部スタッフ並の仕事をこなせるスタッフを複数の都市で探し、外注することを考慮してみましょう。ビジネスで使用できる住所を様々な拠点で持っていれば、事実上全国展開するブランドとして活躍することも可能です。

10. 計画的に行動する

計画を立てたら、それを守って、素早く効果的に仕事を終わらせましょう。正確な判断を迅速に下すことが信頼度をアップし、新規クライアントを獲得し、会社の構成を整えることにつながります。

あわせて読みたい