サーブコープブログトレンド【利用者100人に聞きました!】クラウドソーシング案件の実情とは?

トレンド

【利用者100人に聞きました!】クラウドソーシング案件の実情とは?

記事66_1インターネットを通じて、不特定多数の会社や個人から仕事の受発注先を探すことができる“クラウドソーシング”という方法をご存知ですか?さまざまなクラウドソーシングサイトが存在する最近、クラウドソーシングで仕事を受注している人はどのように利用しているのでしょうか。今回は「1年以内にクラウドソーシング受注実績のある20~59歳の男女100名」を対象にアンケートを実施。登録サイトや受注案件、クラウドソーシングにおけるトラブルについてご紹介します。

■メディア露出の高いサイトはユーザー数も多い

記事66_2クラウドソーシングで仕事を受注している人は、どのようなサイトに登録しているのでしょうか。30サイト以上から選んでもらったところ、登録している人が多かった上位3サイトは、「Crowdworks(クラウドワークス)」「Lancers(ランサーズ)」「CROWD(クラウド)」でした。

業界でトップクラスの「Crowdworks(クラウドワークス)」。クライアントの企業数は11万社を超えるほか、経済産業省をはじめとする政府4省、さらには20以上の都道府県や地方の自治体などが登録。ゆえに、登録ユーザー数は70万人以上ともいわれています(2015年11月時点)。

次に、ホームページの制作をはじめ、アプリおよびシステムの開発、ロゴやイラストなどの作成、各種ライティングといった幅広い案件を有する「Lancers(ランサーズ)」。Crowdworks同様、各方面でのメディア掲載実績を持っているため、知名度は年々上昇傾向のようです。

最後に、報酬がポイント制のクラウドソーシングサイト「CROWD(クラウド)」。5,000万件を超える作業実績数を持ち、それらの案件は記事の作成、レビュー投稿やタイピングといった案件が多いようです。

■最低限のネット環境があればできる分野が人気

記事66_3

それでは、登録しているクラウドソーシングサイトからどのような案件を受注しているのでしょうか?

上位2つを占めたライティング関連(41.0%)とマイクロタスク関連(39.0%)は、スタンダードなネット環境さえ整っていれば手軽に作業できるというメリットがあります。マイクロタスク関連は、データの入力および収集、テープ起こし、アンケート回答、アプリ関連動作確認などがあり、ネット環境としてはMS・Officeが搭載してあればどれも対応できるレベルです。

一方、Webデザイン・Webサイト開発関連(17.0%)やハードウェア設計・開発(9.0%)ともなればPhotoshopをはじめとする高額なソフトが必要なため、受注者には環境やスキルが不可欠となるでしょう。

■クラウドソーシングにおけるトラブル

記事66_4“不特定多数の会社や個人から仕事の受発注先を探すことができる”というクラウドソーシングの特性上、不都合やトラブルも少ない話ではないようです。クラウドソーシングでの受注者はどのようなトラブルを経験しているのか、実際の声を聞いてみましょう。

「ライティング案件で、調査や執筆にじっくりと時間を掛けて指定通りに記事を書いたつもりだったが不採用となり、無駄働きとなってしまった」(男性・39歳/会社員)

「発注する側のスキルが不足していて、明らかに悪くなるように修正依頼された」(男性・56歳/会社・法人の経営者(含役員))

「募集より仕事内容が複雑で途中リタイアになった」(女性・28歳/専業主婦(主夫))

「作業量・時間に対して報酬がかなり低かった」(女性・28歳/アルバイト・パート)

「採用条件が不明確。支払不履行になったことがある」(男性・39歳/個人事業主)

■トラブルを避けるためには、コミュニケーションが鍵

実際に経験したトラブルについて聞くと、クライアントとの意思疎通に関するトラブルが目立ちます。クラウドソーシングの利用は手軽にできるメリットがある一方で、クライアントの判断で案件が終了してしまう、もしくは採用されないといったデメリットも潜在しています。クラウドソーシングを利用する際は、納期や報酬の信憑性を見極めることが大切です。

クラウドソーシングは便利な反面、発注側と受注側の納品物のイメージが乖離しやすい特徴がありますが、それらを十分に考慮して慎重なやりとりを心掛けることでトラブルは起こりにくくなるでしょう。クラウドソーシングという仕組みを効率的に使い、コストが抑えられたり、副収入が得られたりするメリットは少なくないはず。利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

【調査概要】
調査タイトル:生活に関するアンケート
調査方法:インターネットリサーチ
調査期間:2015年11月13日~11月16日
調査対象:1年以内にクラウドソーシング受注実績のある20~59歳の男女100名(Qzoo会員)

あわせて読みたい