サーブコープブログ知識・ノウハウなぜ福岡には美人が多いの?博多美人の謎から、福岡での起業チャンスに迫ります

なぜ福岡には美人が多いの?博多美人の謎から、福岡での起業チャンスに迫ります

記事83_1地方創生の動きから、地方移住が話題にのぼることが多くなりました。中でも福岡市はビジネスという面だけでなく、生活のしやすさから、人気の高い地方都市の一つです。なんと、2011年から4年連続して、福岡市外からの転入者が転出者数を1万人以上上回っているといいます。

福岡県には、食、自然、人……とさまざまな魅力があります。中でも、今回フィーチャーしたいのが“人”。福岡県は、松田聖子、牧瀬里穂から西内まりや、山本美月、橋本環奈まで多くの芸能人を輩出していることで知られています。なぜ福岡県には美人が多いのでしょうか?博多美人の謎から、福岡での起業のチャンスについて考えてみましょう。

 

福岡に美人が多い4つの理由とは?

記事83_2日本三代美女県といえば、秋田、京都、福岡。福岡は、街を歩けば30秒に1回は博多美人に出会えると例えられるほど。なぜこれほどまでに、美女が多いのか、その理由は諸説ありますが、その要因を考えてみましょう。


1.日照時間が短い

福岡は、日本海側に位置している地理的要因で、日照時間が短く、年間の日照時間は、47都道府県のうち32位の1,799時間。東京2,023時間、大阪2,058時間から比べてみても、確かに日照時間は短いようです。つまり、お肌の大敵となる紫外線を浴びる時間が短いので、美白美人が多いというものうなずけます。


2.独自の食文化

福岡といえば、「食」を思い浮かべる方も多いかもしれません。福岡のソウルフードの中には、体の中からキレイになれる美肌食がたくさんあります。もつ鍋は人口10万人あたり11.8店と全国1位! もつ鍋には、必須アミノ酸や美肌には欠かせないコラーゲンなどが豊富に含まれています。さらに、脂肪を分解するカプサイシンが含まれる唐辛子は、名物の辛子明太子にも使われています。


3.海外との交流

福岡は、平安時代から海外との貿易が行われていた玄関口。ユーラシア大陸や朝鮮半島など、アジア・太平洋地区の玄関口として、海外との交流があり、外国人が多く住んでいたことも、美人が多い一因かもしれません。


4.美容へのこだわりが高い

福岡市は、女性1万人あたりのエステティックサロンの数8.38店、ヨガ教室の数0.57店、婦人服店の数8.34店と政令都市の中で最も多く、美へのこだわりを感じます。また、公益財団法人「福岡アジア都市研究所」の調査によると、1世帯あたりの花、下着、靴、服、化粧品などの支出額は、福岡が年間約13万円に対して、横浜は11万2,000円、神戸は9万2,000円と大きく上回っていたのだとか。

 

なんと、福岡市は女性の人口が断然多い!

記事83_3美人が多い福岡ですが、実は女性の人口が多いのをご存知ですか?

2000年:男性614,000人 女性666.000人
2010年:男性663,000人 女性734,000人
2015年9月:男性723,409人 女性808,510人

10代はほぼ全国平均にもかかわらず、20~30代は女性比率が高いのも特筆すべき点です。 福岡には女性が多く、さらに彼女たちは美容への意識が高いために美容関連への出費が多いことがわかりました。美容関連の商品に連動した流通経路や、健康食品など、美容ビジネスから派生するビジネスチャンスも多いのではないでしょうか。

また福岡は起業支援も盛んで、ビジネスの拠点にぴったり。中心部には、おしゃれなレンタルオフィスやシェアオフィスもたくさんあります。サーブコープのオフィスも2拠点(博多天神)あり、多くの企業様やビジネスをサポートしています。女性が多い福岡を拠点候補の一つにしてみるのはいかがでしょうか?

 

 

※参照元
http://www.city.fukuoka.lg.jp/soki/tokeichosa/shisei/toukei/jinkou/jinnkousokuhou.html
http://facts.city.fukuoka.lg.jp/
http://urc.or.jp/
http://www.dbj.jp/pdf/investigate/area/kyusyu/pdf_all/kyusyu1102_01.pdf

あわせて読みたい