サーブコープブログトレンド【2022年版】基本的なお年賀のマナーとビジネスパーソンにおすすめしたいお年賀7選

トレンド

【2022年版】基本的なお年賀のマナーとビジネスパーソンにおすすめしたいお年賀7選

 

1

メールで簡単に「あけましておめでとうございます」と年始の挨拶ができる時代になりましたが、大事な相手には新年ぐらい、直接会って日々の感謝を伝えたいもの。今回は、基本的なお年賀のマナーとビジネスパーソンにおすすめな「お年賀」をご紹介します。

 

ビジネスマナーとして知っておきたい!お年賀のマナー

「お年始」と「お年賀」はどう違う?

「お年始」とは、新年を祝い、特別なお付き合いのある人のもとにご挨拶に行くこと。正月三が日までに挨拶へ行くのが望ましいとされていますが、近年では営業日などの関係で、1月15日の松の内までに済ませることが多いようです。また、目下の人から、目上の人のもとに挨拶に伺うのが一般的です。お年始とお年賀は間違いやすいですが、全く意味が異なります。年始の挨拶である「お年始」で持参する贈り物が「お年賀」です。

お年賀の贈り方

お年賀のマナーで間違えないようにしたいのが、基本的には郵送しないこと。お中元やお歳暮のように宅配便や郵送で送るものではありません。

しかし、コロナの影響で直接お渡しすることが難しい場合も。そんなときは注文先から直接発送するのではなく、一旦自宅などに持ち帰って、郵送するようにしましょう。

お年賀にはのし紙をつける

正式なお年賀にはのし紙をつけましょう。のし紙は紅白蝶結び(5本または7本)のお祝い用のデザインを選び、「御年賀」または「御年始」と表書きしましょう。近年では「賀正」と書くこともあるようです。お店で購入するときに、「お年賀用です」と伝えると間違いがありません。

インターネットで注文する時も、のし紙がつけられるかどうかを確認してから、注文した方がいいでしょう。

お年賀の値段の目安は2000円~5000円

お年賀はお返しが不要の贈り物です。そのため、あまりに高額すぎる贈り物をするのはNG。相手の負担にならないような価格のものを選びましょう。

 

「お年始」に贈りたい人気の「お年賀」

まるでたい焼き! 勉強堂の「本日鯛安」

価格:7個入 2,268円(税込)/14個入 3,996円(税込)

おめでたい時に欠かせない鯛をかたどった、勉強堂の「本日鯛安」は、桃山生地に青豆鹿の子入りの白あんを入れたシンプルなお菓子。

鯛は、可愛い見た目だけでなく一つ一つ微妙に表情が違うので、食べ比べる楽しみが増えます。

奉納菓子として有名な アンリ・シャルパンティエの「えびすフィナンシェ」

価格:6個入 1,296円(税込)/10個入 2,160円(税込)/15個入 3,240円(税込)

えびすさまの福にあやかった縁起の良い小豆入りフィナンシェ。

十日えびすで有名な「西宮神社」にて「奉納菓子」として旬祭に奉納しています。

予算に合わせて選べるので、お取引先様や、 ご友人、ご家族への贈り物にピッタリです。

ウェブサイト:https://www.suzette-shop.jp

 

可愛らしさと高級さを併せ持った 鶴屋吉信の「福ハ内」

 

価格:8個入 2,160 円 (税込) ※販売期間:12月1日から2月3日

お多福豆をかたどった可愛らしいフォルムに、白餡入りの桃山を、升の形の木箱に入れた、ユニークなお菓子です。

「ますます繁盛」の願いを込めて、お年賀にいかがですか?

ウェブサイト:https://www.takashimaya.co.jp

 

お重と間違えられそう!マールブランシュの「京遊記二段 風呂敷パッケージ」

 

価格: 3,720 円(税込)

風呂敷に包まれた、宇治茶を使用したマールブランシュの看板商品「茶の菓」と、人気のクッキーやアップルパイのお詰め合わせです。

「お年賀」はもともと風呂敷に包んでお渡しするものなので、伝統的な雰囲気も楽しめそうです。

ウェブサイト:https://www.takashimaya.co.jp

パティスリー界のピカソ”と称賛されるピエール・エルメ・パリの「 サブレ缶詰合わせ」

価格:3,240円(税込)

ピエール・エルメの7種類のサブレの味わいが楽しめるギフトセット。可愛らしいイラストの缶に、個性豊かなサブレを大人数で楽しめます。

ウェブサイト:https://www.pierreherme.co.jp

 

華やかな最中がスープに変身?!花一会の「花椀もなか詰合せ」

価格:12個入 4,428 円 (税込)

華やかな最中の中に、お茶漬け(紅鮭・茎わさび・梅干し)、お吸物(湯葉ととろろ昆布・浅草海苔と豆腐・ふぐときぬさや)、お味噌汁(豆腐と若布・油あげとほうれん草・しらすと白菜)、スープ(ミネストローネ・じゃがバター・緑黄色野菜)が入っている詰め合わせ。

おせち料理と合わせてちょっとしたお吸い物にもできるので、お年賀としてはピッタリです。

ウェブサイト:https://shop.d-kintetsu.co.jp

 

とらやの「小形羊羹14本入<干支>」

価格:14本入  4,320 円 (税込)

いつものとらやの羊羹とは一味違った、京都限定小形羊羹「白味噌」・「黒豆黄粉」と、干支パッケージ小形羊羹3種の詰合せ。

京都に因んだ原材料を使った京都限定小形羊羹2種と、定番の小倉・黒砂糖入・抹茶入の干支パッケージ小形羊羹3種の詰め合せが入った、さまざまな味が楽しめる贈り物です。特に今年の干支は寅年なので、とらやの羊羹はおすすめです。

ウェブサイト:https://www.takashimaya.co.jp

コロナの影響で、なかなか挨拶に行けない今だからこそ、喜ばれる「お年賀」で普段の感謝の気持ちを伝えてみるのはいかがですか。

※商品の価格は、いずれも2021年12月現在のものです。

 

あわせて読みたい