サーブコープブログサーブコープについて今年はどんな1年でしたか?サーブコープ・ジャパンの2018年を振り返りました!

今年はどんな1年でしたか?サーブコープ・ジャパンの2018年を振り返りました!

2018年もそろそろ終わりが近づいていますが、今年を振り返ると思い出されるのは数々の天災。北関東甲信越地方に大雪をもたらした「平成30年豪雪」、初夏には「平成30年7月豪雨」が発生し、「大阪府北部地震」や「北海道胆振東部地震」の大地震や記録的な猛暑も記憶に新しいでしょう。一方、スポーツ界では年明けの平昌五輪でフィギュアやスピードスケート、カーリング日本代表が相次いでメダルを受賞したほか、メジャーリーグで大活躍した大谷翔平選手が新人王に選ばれるなど、明るいニュースも世間を賑わせました。

サーブコープでも2018年はさまざまな出来事がありました。サーブコープブログがお届けした記事とともに今年1年を振り返ります。

25拠点目となる本町南ガーデンシティをオープン!

御堂筋

サーブコープ・ジャパンは2018年10月に国内25拠点目となる本町南ガーデンシティ拠点がオープンしました。400坪以上のフロアには、プライベートオフィスやコワーキングスペースだけでなく、カウンターバーやリラックスできる座席、ご利用者さま同士で交流できるスペースをご用意しています。(詳細はこちら

また、国内の全拠点でコワーキングスペースを開設していますが、より快適に過ごしていただけるよう設備を拡充しています。企業間のコラボレーションやネットワーキングを可能にする広々としたスペースをご用意。皆さまのご利用をお待ちしております。(詳細はこちら

今年はバイリンガル秘書から「ビジネス英語のワンフレーズ」をお届けしました!

昨年ご好評いただいていた「秘書の手土産シリーズ」が終了し、今年は「知っていると便利なビジネス英語のワンフレーズ」を、サーブコープで働くバイリンガル秘書に聞きました。動画で生きた英語の発音もチェックできるので、ご利用者さまにもご好評をいただいています。(詳細はこちら

2018年もサーブコープはさまざまな取り組みを行いました

サーブコープの特徴は、ただワーキングスペースを提供するレンタルオフィスではないという点です。今年もさまざまな専門分野で活躍されている方をお迎えして、ビジネス講演会を開催。2018年8月はマーケティングオートメーション術について解説していただきました。(詳細はこちら

また、サーブコープでは乳がん早期発見啓蒙活動を支援しており、2011年より「ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーション(RFTC)」のパートナーとして積極的に支援活動を続けています。2018年は「ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーション」に、総額1,799,544円を寄付。 RFTCの活動については、サーブコープブログの中でも紹介しました。(詳細はこちら

2018年もテレワーク・デイズに、コワーキングスペースを1日無料開放しました

働き方改革の一環として2017年から始まった「テレワーク・デイズ」。サーブコープでは、「テレワーク・デイズ」の趣旨に賛同し、東京都内と横浜の計9拠点を1日無料開放し、各拠点先着10名さまには、サーブコープの快適なオフィスソリューションを体験いただきました。(詳細はこちら

ご利用方法もさまざま。「サーブコープ利用者様に聞きました!」

サーブコープのオフィスはさまざまなお客さまがご利用し、ご自身のビジネスに合わせた多種多様な使い方をされています。そこで、ご利用者さまにご協力いただき、サーブコープの活用方法についてお話を伺っています。ご利用をご検討いただいている方にも参考になるお話が満載です。(詳細はこちら

2019年も皆さまのビジネスがますます発展する1年に

2019年は4月には、新元号が発表され、5月1日には皇太子殿下が天皇陛下に即位されます。また10月には消費税が10%に増税される予定もあり、慌ただしい1年になることが想定されます。サーブコープでは、2019年も皆さまのビジネスがますます発展するよう、各拠点でのサポート体制を整えてまいります。

 

>>あわせて読みたい

サーブコープ・ジャパンの2017年を振り返ってみました!

 

あわせて読みたい