1. TOP
  2. サーブコープについて
  3. 1拠点に2名も!全国24拠点の2017年トップ秘書・レセプショニストを率いる、名古屋ルーセントタワー拠点に直撃インタビューしました!

1拠点に2名も!全国24拠点の2017年トップ秘書・レセプショニストを率いる、名古屋ルーセントタワー拠点に直撃インタビューしました!

Pocket

クライアントのビジネスに貢献するために、日々の努力やスキルアップを重視するサーブコープ・ジャパンでは、日本全国24拠点の中でも、一年の間で優秀な成績を収めた個人やチームを毎年表彰します。昨年は名古屋ルーセントタワー拠点が受賞者をなんと2名も輩出しました。

Saori秘書が「ベスト・セクレタリー2017」、Mioレセプショニストが「サーブコープチームアセスメント<個人の部1位>」を受賞しています。2017年のトップ受賞者を2名も輩出した名古屋ルーセントタワー拠点には、優秀な人材を生み出すノウハウがあるはず! そこで、名古屋ルーセントタワー拠点を直撃インタビューしました。

サーブコープ秘書のトップを決める「ベスト・セクレタリー」とは?

「ベスト・セクレタリー」とは、全国24拠点の秘書の中から、その年で最も優秀な秘書1名に贈られる賞です。年間売り上げトップの秘書数名から、さらにお客様や自社、仲間への貢献度を加味して選ばれます。この賞は、サーブコープ社内での成績評価や昇格の際に、重要な判断材料にもされています。

「ベスト・セクレタリー2017」受賞、Saori秘書のコメント

ベスト・セクレタリー2017に選ばれ、素直にやったー!とうれしかったです。
とはいえ、この賞は私一人の力ではいただけないもので、お客様、マネージャー、チームのみんなに感謝しています。私は2017年にシニアコーポレートセクレタリーになり、業務内容が幅広くなりました。以前にも増して、責任の重い秘書業務、絶対に間違えられない業務が増えました。入社以来、一番忙しい日々を過ごした一年だったので、遂にベスト・セクレタリーを受賞できた!と感激しました。
一方で、お客様とお話しする時間があまり取れなかったという寂しさがあるので、2018年はもっとフレンドリーに取り組んでいきたいと考えています。

このように語ってくれたSaori秘書。プロフェッショナルな秘書業務は、社内外ともに厚い信頼を集めています。Saori秘書のさらなるスキルアップに、2018年も目が離せません。

独自テストで評価する「アセスメントテスト」とは?

アセスメントテストとは、サーブコープが独自作成した社内テストで、毎年11月中旬に実施されます。点数の高い個人とフロア、それぞれ1位から3位までを表彰し、各部門1位にはプレゼントも贈られます。2017年は、個人賞1位にペアディナー券、フロア賞にはチームディナー券が贈られました。

このアセスメントテストは、サーブコープのブランド力やサービスレベルの維持・向上、チームのスキルアップを目的としており、自社に関する基本的な知識と、実務テストの2つにスコアをつけて、順位を出します。実務テストでは、タイピングスピードを測ったり、Microsoftアプリケーション(Word、 Excel、 PowerPoint)を使ってドキュメントを実際に作成したり、実践的なスキルを確認します。

「チームアセスメント<個人の部1位>」、Mioレセプショニストのコメント

全拠点の中で「個人の部1位」になり、正直、大変驚きました。うれしい気持ちも大きいのですが、より一層気を引き締めなくてはと思っています。日々、常に全力で業務にあたっているので、テスト対策は休憩時間などに行っていました。
スタンダード知識(サーブコープに関する知識)では、過去数年の過去問題を解き直し、新しいサービス・システムについて不明点はマネージャーに確認しました。ランチの間も、他のチームと問題を出し合い、楽しく学ぶことができました。スキルアセスメントは、不得手なExcelを実務に取り入れることで理解を深めました。
これからもチーム一丸となり、困った時は名古屋ルーセントタワー拠点チームに頼めば大丈夫、とお客様に思っていただけるよう、真摯に取り組んでいきたいと思います。

このように語ってくれたMioレセプショニスト。コメントからも、努力家の一面がうかがえます。Mioレセプショニストは2018年も拠点スタッフ一丸となって、お客様をサポートしています。

名古屋ルーセントタワー拠点の成長理由は、チームワークの尊重と個人の定期的な目標設定

サーブコープでは、お客様へのサービスを高水準に保つためには、まずは個人のスキルが重要だと考えています。そして、チームで利益を上げることよりも、十分な人材を各拠点に配置してお客様のリクエストにすばやく、丁寧にお応えすることを重要視しています。そんな中、名古屋ルーセントタワー拠点はチームでも高い利益を上げる、世界でも数少ないフロアーです。個人のスキルアップとチームの業績アップ、この両立をどのように図っているのか、拠点のSayuriマネージャーに聞きました。

名古屋ルーセントタワー拠点・Sayuriマネージャーのコメント

名古屋ルーセントタワー拠点は、とても小さなフロアですが、業務量が多く、ご来客も多い拠点なので、まずチームワークを大切にしています。自分本位にならず、チームが協力して助け合えなければ、お客様の期待を超えるサポートは難しいと考えるからです。
一方、秘書の業務は、常に先を見越して考え、効率的に行動することが大切です。効率アップを目指し、定期的にチームひとりひとりに合った目標を定め、いっしょに達成するための計画を立て、アドバイスをしています。
Saori秘書は、自分の弱みを知り、克服する努力を常に怠らないことを私も知っています。また、Mioレセプショニストが忙しい仕事の合間を縫って勉強をしていたのも見ています。ふたりが受賞したのは、日々の努力の賜物。心からおめでとうと伝えたいです。

お客様に質の高いサポートを行うために、まずはスタッフのチームワークを第一に考えながら、個別でスタッフの目標設定やスキルアップを見守る、Sayuriマネージャー。コメントからは、お客様や各スタッフを常に気にかけ、思いやる姿が伝わってきます。

 

名古屋ルーセントタワー拠点は、ここ数年、オフィスが常に満室です。さらに、社内賞を獲得するレセプショニストや秘書が在籍しています。スタッフやチームが一丸となり、質の高いサービス提供を目指していることが、お客様に支持され続ける理由なのでしょう。

まとめ

サーブコープでは、優秀な個人やチームをきちんと評価し、スタッフ同士が切磋琢磨し合いながら成長することを目指しています。2018年も、お客様のビジネス発展に貢献するサービスを提供します。

 

>>あわせて読みたい
高品質な顧客サポートを実現するサーブコープ秘書のトレーニングノウハウとは?

 

サーブコープではさまざまなポジションを募集中です。
ご興味のある方はこちらをご覧ください!
キャリアアップ制度導入のグローバル企業で働いてみませんか?

関連記事