サーブコープブログサーブコープについて起業を応援!売り上げにもつながるサーブコープの「バイリンガル秘書サービス」とは?

起業を応援!売り上げにもつながるサーブコープの「バイリンガル秘書サービス」とは?

経営状況が変わりやすいスタートアップ時に必要なのは、コストや手間の軽減です。初期費用を抑えるにはレンタルオフィスを活用するのがおすすめですが、サーブコープは家具や電話・インターネットなど、入居即日から仕事が始められるインフラを完備。そして、なんと言っても一番の強みは他社にはない「バイリンガル秘書サービス」です。プロフェッショナルな秘書の存在が「契約の決め手になった」という声も多数いただいています。

「お客さまの会社の一員として働く」をモットーに、各拠点で約2~7名の秘書たちが日々の業務にあたっていますが、今回はサーブコープの「バイリンガル秘書サービス」について、詳しくお伝えします。

お客さまの声「サーブコープの秘書サービスは売り上げアップにつながる」

起業したての頃は約9割の時間を雑用に取られると言われています。そこで、お客さまが本業に集中できるよう、電話や来客対応、資料作成といったバックオフィスをサポートするのが、サーブコープの秘書サービスです。ご利用者さまがどのように評価してくださっているのか、実際にいただいたコメントの一部をご紹介します。

“日々の雑務を任せられるため本業に集中できる。売り上げアップにもつながっています”
株式会社アオラワークス 代表取締役 岩田直子様
“スタッフのクオリティが高く、クリティカルな電話応対も安心して任せられます”
【ユーラシア・グループ】日本オフィス代表  坂口 恵様
“外国からの来客が多くても、バイリンガルで対応してもらえるので助かります”
Mozilla エンジニアリング マネージャー バートルズ・ブライアン様
“掃除や電話対応、留守番のサポートをお願いできるので、人員を割く必要がありません”
freee株式会社 九州支社長 田口 創様

任せられる業務とは?「通訳・翻訳」「議事録の作成」「海外商談へ同行」

サーブコープの秘書たちは基本的に全員、バイリンガル。海外育ちや海外留学経験者が多いため、海外進出を狙う企業や外資系企業のお客さまにとっては重宝する人材になります。「通訳・翻訳」「海外商談へ通訳として同行」といったハイレベルなご要望にも応えることが可能となっています。サーブコープのバイリンガル秘書に任せられる業務の一例をご紹介します。

・受付対応 ・プロモーションやプレゼン資料の作成
・荷物の受け取り ・ミーティング議事録の作成
・業務に関するリサーチ ・領収書やレシート類の整理・経費精算
・勤務実績の集計 ・見積書や請求書の作成・発行、入金確認
・メール対応 ・手書きによる年賀状作成

他社にはないハイスキルな秘書サービス

・会議中の通訳や文書の翻訳業務(英・中・韓など)
・海外への商談に通訳として同行
・自社イベントの企画・運営
・レセプションパーティーでの受付業務
・商品発表会や展示会でのサポート業務

どのくらい「バイリンガル」? TOEICは800点レベル

応募者の中から面接に進むのは10人に1人。そのうち採用されるのは7~8に1人という狭き門を通ってきた秘書たちですが、入社後も、さらなるサービスレベルの維持や向上、チームのスキルアップを図るため、人材トレーニングプログラムを受けています。そして、毎年実施される社内独自の「アセスメントテスト」でそのトレーニングの成果を評価されるシステムとなっており、入社後もご利用者さまのためにスキルアップを図っています。バイリンガル秘書とはどんな人材なのか、特徴やスキルをまとめました。

語学力

・TOEIC800点前後〜990点満点

・海外育ちや海外留学経験者、インターナショナルスクール出身者が多数

どんな人材を採用しているか

・経験や実績よりも、ポテンシャルが一番大事
・元気で明るく笑顔を絶やさない人、行動力と発信力のある人
・仕事以外にも目標を持ち、夢中になれるものがある人

アセスメントテストとは

毎年11月に実施。サーブコープに関する基本的な知識と実務テストの2つで評価します。実務テストではタイピングスピードを測定、Microsoftアプリケーション(Word、 Excel、 PowerPoint)を使ってドキュメントを実際に作成するなど、実践的なスキルを確認しています。

サーブコープは地域貢献にも参加、がんの予防や治療を支援

地域貢献活動に積極的に参加しているのもサーブコープ秘書の特徴です。<がんの予防や治療、若年層患者や重篤・末期患者への支援>を地域貢献の柱に、中でも乳がんに関する啓蒙や定期検診の促進を行うNPO法人「ラン・フォー・ザ・キュア・ファンデーション」には、パートナーとして支援活動を継続。各拠点でチャリティーイベントを開催しながら募金活動を行い、2018年は同団体に1,799,544円を寄付しました。社会活動に関わることで養われる高い志や広い視野は、サーブコープ秘書のクオリティアップにもつながっています。

サーブコープのバイリンガル秘書は 今後も「お客さまの会社の一員として働く」をモットーに、皆さまのビジネスに応じて柔軟にサポートしていきます。サービスのご利用に興味のある方は、お気軽にお問合せください。

あわせて読みたい