1. TOP
  2. ビジネストレンド
  3. シェアハウスとの違いは何? 話題のソーシャルアパートメントとは

シェアハウスとの違いは何? 話題のソーシャルアパートメントとは

Pocket

シェアリングエコノミーが広がる現代では、居住スペースをシェアするシェアハウスも一般的になりつつあります。そんな中、注目を集めているのが「ソーシャルアパートメント」。居住スペースをシェアする楽しみを維持しながら、プライベートやセキュリティ面もしっかり確保できる点が人気で、ラウンジでの雑談で意気投合し、住人同士で起業した事例も誕生しているそうです。

今回は、シェアハウスとの違いやソーシャルアパートメントに住むメリット、ユニークなコンセプトで運営されている物件をご紹介します。

シェアハウスとソーシャルアパートメントは、何が違う?

シェアハウスとソーシャルアパートメントの大きな違いは、「目的」「間取り」「賃料」の3点でしょう。

そもそもシェアハウスとは、「1軒の住居スペースを複数人で共用すること」を意味します。一戸建てや、2LDKから4LDKなどの物件をシェアし、住人は個室やドミトリーでプライベート空間を確保しつつ、リビングや台所、トイレや浴室などのスペースは共同で使います。シェアの主な目的は賃料の節約であることが多いため、シェアハウス物件は賃貸物件よりも安く設定されています。

一方、ソーシャルアパートメントとは、「社会的な居住空間」という意味です。マンションやアパートといった従来の間取りに、住人同士の共有スペースとしてラウンジやジム、ビリヤード場などが追加されています。住人同士が快適にコミュニケーションを取れるように豪華な共有スペースが用意されている分、同エリアで賃貸物件を借りるよりも家賃が高くなる場合が多いです。

ソーシャルアパートメントのメリットとは?

ソーシャルアパートメントの1番のメリットは、プライベートを確保しつつ他の住人と交流できる点で、体調や気分に合わせながら自分のペースで暮らせることでしょう。また、デザイナーズマンションのようにスタイリッシュなリビングやラウンジ、ビリヤード場といった豪華な共有スペースが利用できるのも利点です。

ほかにも、安全面を考慮してソーシャルアパートメントを選ぶ人もいるようです。初めての一人暮らしや、女性の一人暮らしなどに不安を感じる場合も、ソーシャルアパートメントであれば、「帰りが夜遅くなったとしても誰かがいる」という安心感があるのでしょう。

さらに、ソーシャルアパートメントの中にはコンセプトを重視した物件もあります。スキルアップや趣味、ヘルスケアなど、自身の目的に沿ったコンセプトの物件を住むことで、学びや気分転換、健康向上といった付加価値が加わります。

コンセプトがユニークなソーシャルアパートメント4選

ソーシャルアパートメントにはどのようなコンセプトの物件があるでしょうか? 特徴的なコンセプトで運営されているソーシャルアパートメントを4物件、ご紹介します。

住人の約半数が外国人の「ソーシャルアパートメント原宿(株式会社グローバルエージェンツ)」

出典:https://www.social-apartment.com/builds/view/19

「英語を話せるようになりたい」「日常的に英語を使いたい」といった人におすすめなのが、株式会社グローバルエージェンツが運営するソーシャルアパートメント原宿。入居者の約半数が、外国人で構成されているそうです。

出典:https://www.social-apartment.com/builds/view/19

さまざまな本が置かれた約50㎡のラウンジやキッチンスペースのほか、屋上のルーフトップテラス、喫煙所も兼ねたテラスなど、住人同士で雑談できる場所も多そうです。

ソーシャルアパートメント原宿
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-3-20
株式会社グローバルエージェンツ http://www.global-agents.co.jp/

 

食がテーマの「食で繋がるソーシャルアパートメント(京都R不動産)」 

出典:https://www.realkyotoestate.jp/estate.php?n=3262

京都市北区にある『食で繋がるソーシャルアパートメント』。「明日出かける時のお弁当が欲しい」「今日帰ったら家で食べるご飯を頼んでおこう」といった下宿のような繋がりがコンセプトです。

出典:https://www.realkyotoestate.jp/estate.php?n=3262

学生寮として使われていた鉄筋コンクリートの4階建をフルリノベーションした物件で、1階には複数店舗を展開している「ROCCA&FRIEDS」が運営するカフェが入っています。入居者はなんと1ヶ月20食まで1階のお店を利用可能! まさに、食の繋がりを大切に暮らせるソーシャルアパートメントです。

食で繋がるソーシャルアパートメント
京都市北区平野上八丁柳町30
京都R不動産 https://www.realkyotoestate.jp/

 

音楽をテーマにした「OTOWA神戸元町(株式会社グローバルエージェンツ)」

出典:http://kobe-project.social-apartment.com/

OTOWA神戸元町は、音楽をテーマにした関西初のソーシャルアパートメント。バンドセットやデジタルピアノの入った防音スタジオが2室あるため、思う存分、楽器演奏を楽しむことができます。

出典:http://kobe-project.social-apartment.com/

約80㎡の大きなデザイナーズラウンジでは、音楽という共通の趣味をもった仲間と音楽談義に花を咲かせられそうです。

OTOWA神戸元町
兵庫県神戸市中央区中山手通4丁目3-5
株式会社グローバルエージェンツ http://kobe-project.social-apartment.com/

 

健康がテーマの「ソーシャルレジデンス西川口(株式会社オークハウス)」

出典:https://www.oakhouse.jp/house/874

ソーシャルレジデンス西川口は、健康志向の方におすすめのソーシャルアパートメントです。ビリヤードやシアター、リビングなどの共有スペースに加え、女性に嬉しいビューティー家電を揃えたセルフエステルームも完備されています。

出典:https://www.oakhouse.jp/house/874

さらに、トレーニングルームが設置されていており、ランニングマシンやダンベルなど最新のマシンが並んでいます。住人は自由に使用可能なので、心置きなく体のメンテナンスができます。

ソーシャルレジデンス西川口
埼玉県川口市上青木西
株式会社オークハウス https://www.oakhouse.jp/

 

プライベートとコミュニケーションの時間を自由に選択できる、ソーシャルアパートメントでの暮らし。ユニークな情報やアイデアに触れる機会が増え、プライベートだけでなくビジネスの視野もひろがりそうですね。

 

>>あわせて読みたい

シェアリング・エコノミーとは?民泊から配達までおすすめサービス20選

 

関連記事