1. ホーム
  2. /
  3. お客様事例
  4. /
  5. バーチャルオフィス活用事例 - 株式会社アオラワークス

バーチャルオフィスを契約し、秘書の電話代行サポートで売り上げもアップ!

バーチャルオフィス  新宿オークシティ

写真家 フォトスタジオ 電話対応 中小企業

バーチャルオフィスは、オフィススペースを構えずに、事業を始めるために必要な住所や電話番号を借りられるサービスです。オフィス立ち上げの初期費用が不要な上、電話転送や電話代行サービスを利用すれば人件費も抑えられます。すぐに準備が整うため、業務も即日からスタートできます。

今回お話を伺った、岩田直子様が代表取締役を務める株式会社アオラワークスは、新宿と渋谷に撮影スタジオを構えています。就職活動用の証明写真やビジネスプロフィール写真が人気で、メイクやヘアセット、衣装の貸し出しもしています。口コミで評判が広がり、お客様対応や営業活動が忙しくなったため、新宿オークシティ拠点のバーチャルオフィスを契約。秘書による電話代行サービスもご利用いただいています。サーブコープをどのように活用いただいているのか、お話を伺いました。

“ これまで抱えていた、電話対応のアルバイトが定着しないという人材採用・教育面の問題も、サーブコープの秘書さんであればスムーズに業務を進めてもらえると考え、契約を決めました。 ”

岩田 直子様
株式会社アオラワークス 代表取締役
ご利用拠点:新宿オークシティ
ご利用サービス:バーチャルオフィス

約3人に1人が口コミで来店!仕上がりに自信のあるフォトスタジオを運営

展開されている事業内容についてお聞かせください。

9年ほど前に起業し、一般のお客様を対象にしたフォトスタジオを運営しています。そのほかには、お客様のオフィスやイベントに出向きスチール撮影を行ったり、動画の撮影をすることもあります。もともとは、渋谷でフォトスタジオを始めたのですが、それほど大きなスタジオではなく、大学生の就職活動用の証明写真を撮っていました。繁忙期にお客様の予約が立て込んだことから、お断りしなければならないケースが発生し、そこから、新宿にもう1店舗増やすことになりました。現在は渋谷と新宿の2店舗を運営しています。

起業するきっかけは?

もともと私は、結婚式場にある写真室の店長をしていました。結婚式場の中だと、場所や時間、撮影スタイルに制限があるので、次第に自分の撮りたいように撮影をしたいと思うようになりました。そこで、もう1人のカメラマンといっしょに現在の会社を立ち上げたのです。共同経営者がもともと広告や雑誌のカメラマンをやりつつ、結婚式場の撮影のコンサルティングを行っていたので、その流れで起業当時は広告制作系のお仕事をいただいていました。

その後、ホームページ を立ち上げて、一般のお客様から予約が入った時は、とても嬉しかったことを覚えています。それからは、ありがたいことに口コミでお客様がどんどん増えて、現在ではお客様の約3人に1人が口コミで来店してくださっています。最近では、インターネット検索で、問い合わせてくださる方も増えています。

お客様が他の人にオススメする理由はどこにあると思いますか?

どうやら「モデル写真のように撮れる」というお客様同士の触れ込みがあるらしいのです(笑)。私たちのスタジオでは、いわゆる昔ながらの写真館と違って、広告写真のようなはっきりとしたライティングをしています。広告や雑誌などで見慣れた仕上がりになるので、そう言われるのかもしれません。ヘアメイクをプロがするだけでなく、コンプレックスのある部分を目立たないように、多少デジタル修正をすることも可能です。

多い日には30人ぐらい撮影をするのですが、撮影中にお客様にも画像をチェックしていただき、気に入った写真が撮れるまで何カットでも撮影します。

起業して良かったこと、大変だったことは何ですか?

やはり自由な撮影ができることですね。良かったことと大変だったことは表裏一体ですが、自分で仕事を見つけに行かないと、あとに繋がっていかないということでしょうか。それを達成できると、やりがいになります。

" 新宿オークシティ拠点だけでなく、打ち合せで外出した時に、近くにサーブコープの拠点がないか探してみて、スキマ時間にコワーキングスペースで仕事をしています。静かで集中できるので、とても便利です。 ”


画像: 日比谷セントラルビル拠点のコワーキングスペース

お客様対応をしてくれる、優秀な秘書が契約の決め手に。

スタジオのほかに、バーチャルオフィスを構えた理由とは?

普通は、バーチャルオフィスと言うと、住所貸しや電話番号貸しのイメージですよね。しかし、サーブコープでは、秘書さんが電話対応までしてくれるオプションがあると知り、そこに魅かれて契約しました。

私たちの会社では、カメラマンとヘアメイクは、スタジオに豊富にいるのですが、オフィス作業をしてくれる事務スタッフがいなくて困っていました。とくに、繁忙期になると予約の電話やメール対応につきっきりになる人が必要なのですが、採用しても1年程度で辞めてしまい、採用にも教育にも苦労していました。

だから、知人からサーブコープ秘書の業務代行サービスの話を聞いて「その手があった!」と思って。しかも、サーブコープのバーチャルオフィス契約は、世界各地のコワーキングラウンジが1日3時間まで無料で使えます。私たちの新宿のスタジオから歩いていける距離に新宿オークシティ拠点があり、ゆったりとしたラウンジスペースがあると聞いたので、拠点に最適だと思いました。

オフィスというよりは、秘書代行サービスを重視されたわけですね。

最初はそうですね。知人から秘書がとても優秀だよ、と紹介されたので、魅力を感じました。契約後は、秘書サービスとコワーキングラウンジを利用しています。新宿オークシティ拠点だけでなく、打ち合せで外出した時に、近くにサーブコープの拠点がないか探してみて、スキマ時間にコワーキングスペースで仕事をしています。静かで集中できるので、とても便利です。

これまで抱えていた、電話対応のアルバイトが定着しないという人材採用・教育面の問題も、サーブコープの秘書さんであればスムーズに業務を進めてもらえると考え、契約を決めました。

空いた時間で営業活動も。秘書を活用して売り上げをアップ。

数あるオフィスの中でサーブコープを選んだ理由、決め手はどこですか?

サーブコープのことは、今年の初め頃、知人が教えてくれて知りました。決め手はやはり、プロの秘書さんが電話を受けてくれるところです。説明を受けるために初めてうかがったのですが、その場で即決し、契約をしました。契約に縛りがないのも魅力的でした。

“ 繁忙期には、電話業務を秘書さんに外注することで本業に集中できるため、売り上げアップに繋がっています。 ”


画像:岩田直子様と担当秘書
サーブコープの秘書に電話以外で仕事を頼むことはありますか?

主にやっていただいているのは、予約の電話とメールでの対応ですが、簡単な事務作業や単発的に出てくる調べ物をしていただくこともあります。ある程度マニュアルを作っているので、頻繁にやり取りすることはありません。細かいやり取りをしなくても安心してお任せできるので、助かります。繁忙期には、電話業務を秘書さんに外注することで本業に集中できるため、売り上げアップに繋がっています。

サーブコープはどのような人におすすめだと思いますか?

すぐに住所も用意できるし、郵便物管理や電話対応などをサーブコープの優秀なスタッフがサポートしてくれるので、起業したての方は、とくにオススメです。1ヶ月単位で契約できるため、万が一事業をクローズする場合も、すぐに解約することが可能です。1ヶ月も使ってみれば、サーブコープの快適さはわかると思います。こればかりは、実際に利用してみないとわからないので、迷ったらまずは使ってみることをオススメします!

 

その他のお客様事例

suzuki210x210.jpg
鈴木 伸英様 一般社団法人コミュニケーションスキル 開発協会 代表 バーチャルオフィス

「良い仕事はクオリティの高いオフィスから」をサーブコープで実現

コンサルティング
benoit210x210.jpg
ブノア・デュルシェ様 フレンチ・エフ・アンド・ビー・ジャパン株式会社 リージョンセールスリーダー コワーキングスペース

西日本へのビジネス展開の拠点にコワーキングスペースを活用

多国籍企業 外資系 輸入輸出産業 支店・営業所
takiguchi210x210.jpg
瀧本 幸一様 株式会社アイコン 代表取締役 バーチャルオフィス

電話秘書代行サービスの活用で売り上げが3倍に

コンサルティング 代理店