実際の料金
リージャス VS サーブコープ

あなたのビジネスに相応しいバーチャルオフィスを選ぶ際、どんな内容を契約するのか、どれだけの期間なのか、契約すると実際に請求される金額はいくらなのかを理解することが重要です。バーチャルオフィスを提供する事業者はあなたのビジネスの“顔”となります。なぜなら彼らが提供する住所を使い、彼らのチームがあなたのビジネスを代表するからです。長期契約をする前にサービス内容に満足できるかをきちんと確かめる必要があります。

数社を試してみたところ、実際に契約するまで条件が明確でないことがわかりました。以下は、バーチャルオフィスの2大プロバイダーであるリージャスとサーブコープのオンラインでサインアップした際の手続きと請求の比較表です。サービスの違いに関しては、契約する前に実際に足を運んで頂くことをおすすめします!

 

 

貸し住所パッケージ – 契約条件

  リージャス
(神谷町MTビル)
サーブコープ
(城山トラストタワー)
公表されている月額料金 18,900円 / 月 19,000円 / 月
契約期間 3ヶ月 1ヶ月
無料お試し期間, 無料期間終了後の継続義務なし
割引 なし 初期1ヶ月無料
-19,000円
保証金 18,900円 (1ヶ月分) 8,000円 → 100円 (設定費)
保証金なし
ご契約時の請求額 56,700円
(18,900円 x 2ヶ月分* + 保証金18,900円)
100円
3ヶ月間の合計請求額 75,600円
(18,900円 x 3ヶ月 + 保証金18,900円)
38,100
(19,000円 x 2ヶ月 + 設定費100円)
解約通知 2ヶ月前通知 1ヶ月前通知
自動更新 3ヶ月毎更新 1ヶ月毎更新
支払い方法 2ヶ月前請求、クレジットカードのみ 月次請求,、クレジットカードもしくは銀行振り込み

(料金は税別価格及び変更される可能性有。拠点やパッケージにより料金は異なります)
*リージャスは2ヶ月分前払い請求

サーブコープ: リージャスよりチームが多く、 一等地の拠点
リージャス: サーブコープより95%以上も高い料金

貸し住所パッケージ – 6ヶ月の固定契約条件

  リージャス
(神谷町MTビル)
サーブコープ
(城山トラストタワー)
公表されている月額料金 18,900円 / 月 19,000円 / 月
契約期間 6ヶ月 6ヶ月
割引 5% OFF
17,800円 / 月
10% OFF + 初期1ヶ月無料
17,100円 / 月
保証金 17,800円 (1ヶ月分) 8,000円 → 100円 (設定費)
保証金なし
ご契約時の請求額 53,400円
(17,800円 x 2ヶ月分* + 保証金17,800円)
100円
6ヶ月間の合計請求額 124,600円
(17,800円 x 6ヶ月 + 保証金17,800円)
85,600
(17,100円 x 5ヶ月 + 設定費100円)
解約通知 3ヶ月前通知 1ヶ月前通知
自動更新 6ヶ月毎更新 1ヶ月毎更新
支払い方法 2ヶ月前請求、クレジットカードのみ 月次請求,、クレジットカードもしくは銀行振り込み

(料金は税別価格及び変更される可能性有。拠点やパッケージにより料金は異なります)
*リージャスは2ヶ月分前払い請求

サーブコープ: リージャスよりチームが多く、 一等地の拠点
リージャス: サーブコープより45%以上も高い料金

貸し住所パッケージ – 12ヶ月の固定契約条件

  リージャス
(神谷町MTビル)
サーブコープ
(城山トラストタワー)
公表されている月額料金 18,900円 / 月 19,000円 / 月
契約期間 12ヶ月 12ヶ月
割引 10% OFF
16,900円 / 月
20% OFF + 初期1ヶ月無料
15,200円 / 月
保証金 16,900円 (1ヶ月分) 8,000円 → 100円 (設定費)
保証金なし
ご契約時の請求額 50,700円
(16,900円 x 2ヶ月分* + 保証金16,900円)
100円
12ヶ月間の合計請求額 219,700円
(16,900円 x 12ヶ月 + 保証金16,900円)
167,300
(15,200円 x 11ヶ月 + 設定費100円)
解約通知 3ヶ月前通知 1ヶ月前通知
自動更新 12ヶ月毎更新 1ヶ月毎更新
支払い方法 2ヶ月前請求、クレジットカードのみ 月次請求,、クレジットカードもしくは銀行振り込み

(料金は税別価格及び変更される可能性有。拠点やパッケージにより料金は異なります)
*リージャスは2ヶ月分前払い請求

サーブコープ: リージャスよりチームが多く、 一等地の拠点
リージャス: サーブコープより30%以上も高い料金